Lifestyle

夫が不倫して子供まで作っていた…離婚せずに許す道はある?|性活相談

妻という座に固執しないほうがいいのかも

 相談文からあなたはこの苦しみを乗り越えたいと思っていると読み取り、このようにアドバイスをしました。でも、どうしても受け止めきれないと自分の中の感情が変わらなかったら、その感情を尊重してください。離婚して、夫婦ではなく仲の良い男女という関係になり、2人の子供にとっての父であり母であるとなってもいいのです。  妻という座に居続けることが、安心や安定につながるというのは幻想ですよ。一生遊んで暮らせる財産があったり、特別な身分の家柄でもなければ、妻の座に固執しない方が精神的に安定します。  誰かを責めたり恨んで生きていくのは辛いから、許すことを多くしたほうがいいけど、許すときに、自己犠牲心を発揮したり、自分を責めたりしないようにしてください。そして、自分と、成人するまでの自分の子供の幸せのために生きてください。向こうの子供の事や、夫自身の事は夫に何とかしてもらいましょう。あなたはそこに情をかけなくても、これっぽっちも悪くありませんからね。  何か気持ちの変化があれば、再度またお問い合わせください。
森林原人さん

森林原人さん

<文/森林原人> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【性活相談者を募集!】 森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。 ※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。
森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi
1
2
3
4
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.




あなたにおすすめ