Lifestyle

新天皇陛下の霊力にクラクラ。そのパワーの源とは/辛酸なめ子

 5月1日に即位された新天皇陛下。早くも天皇皇后両陛下を絶賛する声がメディアに溢れています。「新天皇陛下の霊力はすごい」と言うのは、皇室ウォッチャーである漫画家・作家の辛酸なめ子さんです。  陛下のパワーの源について、スピリチュアルや霊界にくわしい辛酸さんに、寄稿いただきました(以下、寄稿)。

新天皇陛下の霊力はかなりのものらしい

 新天皇陛下がご即位されてもう二ヶ月経とうとしています。10月の「即位礼正殿の儀」、11月の「大嘗祭」までは、天皇陛下にまだ「天皇霊」が完全に降臨しておらず、半天皇状態だと詳しい方に聞きました(※)。それまで国家や国民の安寧が保たれるか少し不安ですが、何事もないことを祈ります。 ※編集部注:民俗学者・折口信夫が「大嘗祭の本義」(昭和3年の講演)で提唱した説 新天皇陛下のカリスマ性と霊力について しかしながら、新天皇陛下の徳の高さ、そして霊力はかなりのものらしいので、過度の心配は無用かもしれません。即位してすぐにアメリカのトランプ大統領が皇居で陛下に謁見されたのは記憶に新しいですが、ご即位直前には、1月にカタール首長殿下、2月にオーストリア首相、3月にラオス国民議会議長とご接見。  今後も各国のトップが来日予定です。6月にフランスのマクロン大統領夫妻、7月にトルコのエルドアン大統領、サウジアラビアのムハンマド皇太子、11月にはなんとローマ法王が遠路はるばる新天皇陛下にお会いに来られます。新天皇陛下は大人気でいらっしゃる、と言ったら語弊がありますが、世界的にも重要な立場であらせられるのが拝察されます。  5月の即位後の一般参賀に参じた時に伺った、新天皇陛下のお言葉で、気になったところがありました。「ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともに、我が国が諸外国と手を携えて、世界の平和を求めつつ、一層の発展を遂げることを心から願っております」  私たち国民に「皆さん」と呼びかけてくださったオープンさについては話題になっていましたが、さらに印象的だったのは「我が国が諸外国と手を携えて」という部分です。これまでのお言葉ではあまり聞かれなかった文言ですが、グローバル社会への意識の高さと、世界のトップとしての自負を感じさせました

昭和天皇の霊力を受け継がれた?

天皇家 スピリチュアル系の話題になりますが、ちょっと前に物理学者の保江邦夫先生に興味深いお話を伺いました。天皇家の霊力は隔世遺伝で、昭和天皇の強い力が、新天皇陛下に受け継がれているそうです。保江先生によると、昭和天皇は第二次世界大戦中、東京に爆弾を落とそうとしていた戦闘機を、祝詞(のりと)のパワーで異次元にテレポーテーションさせたと。  のちに米軍は祝詞のパワーを軍事に生かそうとして、コンピュータで祝詞を再生する「AI エンペラー」を開発したと言われています(「ムー」6月号にも詳細が掲載)。各国のトップが次々と新天皇に謁見に来られるのは、その霊力を知っているから、という説も……。できるだけ早く友好的な関係を築きたいのでしょう。  また陰謀論の話題ですが、ベンジャミン・フルフォード氏のサイトに「英王族筋」の話として気になる情報が。「G7国家が主導する国際金融システムを動かす際には究極的に日本の天皇陛下の印章(印鑑)が必須」とのことです。これが本当なら世界の理事長的な、重要なお立場であらせられます。  また、明治天皇の代から日本の天皇陛下はヨーロッパの王族が参加している「ガーター騎士団」という秘密結社に参加されています。新天皇陛下もいずれ(もしかしたら既に)、英国最高位のガーター勲章を受勲され、世界を動かすメンバーに加わられるのでしょう。日本人として誇らしいです。
次のページ 
登山でさらにパワーが増幅
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ