Love

年下彼氏と同棲したら…ヒモ化した彼に愛想がつきた27歳女性の嘆き

コンビニでプリン代の負担を拒否された

 その頃から喧嘩が絶えなくなり、事あるごとに「漫画賞で大賞をとれば賞金100万円もらえるから」と根拠のない自信から絵空事を言ってくるTくんに嫌気がさしてきたそう。 「そんな時、コンビニに一緒に行ったら私がお財布を忘れてきてしまいプリン2個分のお金が払えなかったんですよ。で、Tくんに『これ買ってよ』と頼んだら…『嫌だよ』と言われたんです! はぁ?って感じですよね」  今まで、家賃や光熱費に食費にデート代などもろもろ払ってあげているのに、プリン代も気持ち良く払ってくれないなんてと、ついに二人の仲に限界を感じた真奈美さん。 「しかも、1個は自分のプリンなんですよ? 信じられます?? その時急に…もう無理だ、こんなヤツとは一緒に居られないし、もう一銭もお金を払いたくないと思いました」

5万円貸したら連絡が取れなくなった

お金の失敗 真奈美さんはTくんに別れを告げ「出て行ってくれ」と頼みました。 「すると『お金が無いから無理』と言われて、仕方がなく5万円貸しました。もちろんバイト代が入る度に1万円ずつ返してねと約束してです」  その後、無理矢理Tくんを追い出し、職場で会っても何事もなかった素振りをしてしていたのですが…。 「しばらくしたらTくんは無断欠勤したまま連絡が取れなくなってしまいました。もちろん5万円も返してもらえないままです」  結局、彼がオゴってくれたのは最初の居酒屋代だけでしたね…と遠い目をする真奈美さんなのでした。 ―シリーズ「お金のトラブル」― <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ