Beauty

【日焼け対策まとめ】紫外線で老けないために…日焼け止めから日傘まで

 いよいよ夏本番。ふりそそぐ夏の日差しにワクワクしたのも今は昔、紫外線に怯える日々がはじまります。そこで、マストの日焼け対策について、まとめてみました。 日焼け対策

日焼け対策が必要な理由

 紫外線のなにが恐ろしいのかというと、日焼けをして色が黒くなるというだけでなく、肌の“老化”を進行させるから。紫外線による皮膚の老化(光老化)の研究の第一人者、神戸大学名誉教授の市橋正光先生も紫外線対策の必要性をこう解説します。 「地表に届く紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)の2種類があります。UVAはエネルギーが低めですが地表に届く量は多く、長期的に肌細胞にダメージを与えます。それがシミを濃くすることやシワの形成といった原因になるといわれています。  一方、UVBはエネルギーが強いので遺伝子に直接傷をつけ、日焼けで肌が赤くなったり、水ぶくれの原因になるほか、細胞を傷つける活性酸素も発生させるんです」 UVA(A波)とUVB(B波) つまり、紫外線は直接肌を傷つけるだけでなく、活性酵素によって間接的にもダメージも与えるのです。  しかも、「UVAはUVBに比べて曇り空を通過しやすく、その上窓ガラスを通過して室内にも入ってくる」そうで、曇天だろうと、部屋の中で過ごしていても、UVケアは手を抜けないのです! UVA(A波) そこで今回はコスメから日傘など紫外線をガードするものから、体の中からケアする食べものまで、全方位で日焼け防止に役立つアイテムをご紹介しちゃいます! 【参考記事】⇒太陽光で老化する恐怖。内側から防ぐ食べ物・飲み物って?

日焼け対策①プラスαある日焼け止め

 日焼けケアといえば、まず真っ先に思いつくのが日焼け止めですよね。毎年、この季節になるとさまざな商品が出てきて、何を選ぶべきか迷ってしまうという人も多いのでは?  そこで読者モデル出身のライター・鈴木美奈子さんに、「SPF50」「使い心地の軽さ」を大前提に、プラスαある優秀な日焼け止め・化粧下地を教えてもらいました。

1.くすみや色ムラ、毛穴を自然にカバー:アクセーヌ【スーパーサンシールド ブライトヴェール】

アクセーヌ【スーパーサンシールド ブライトヴェール】

22g 4,000円(税抜)/画像はアクセーヌ公式サイトより

 高SPFの日焼け止めにありがちなキシキシ感や乾燥はゼロ。心地よい潤いが肌を包み、くすみや色ムラ、毛穴までも自然にカバーしてくれるというのが、《アクセーヌ》の「スーパーサンシールド ブライトヴェール」。  肌にやさしく、ノンケミカルで無香料、紫外線吸収剤を使わず、アルコールやパラベンもフリー。しかも、色素が直接肌に触れない独自のコーティング技術で、かぶれやアレルギーの原因となりがちな色素の刺激から肌を守ってくれるのだとか。「2017年4月の発売以来、使用感の良さがSNSなどでも話題となっているのも納得です」。SPF50+・PA++++。

2.皮膚科医も選んだ日焼け止め:ラ ロッシュ ポゼ【UVイデア XL ティント】

ラ ロッシュ ポゼ【UVイデア XL ティント】

30ml 3,400円(税抜)/画像はラ ロッシュポゼ公式サイトより

《ラ ロッシュ ポゼ》は敏感肌のために開発されたスキンケアブランドで、そのアイテムは世界で25,000人以上の皮膚科医が採用しているのだそう。当然、日焼け止めも、肌へのやさしさが最大の特徴です。  UVAをしっかりブロックしつつ、PM2.5や花粉からも肌をガード。ピンクベージュの下地が皮膚のくすみや色ムラをカバーしてナチュラルに補正し、顔色を明るく見せてくれます。SPF50・PA++++。

3.ミクロレベルでガードする:ビオレUV【アクアリッチウォータリーエッセンス】

ビオレUV【アクアリッチウォータリーエッセンス】

50g オープン価格/画像はビオレ公式サイトより

 ウォーターカプセルが肌に優しくすーっとなじみ、強力な紫外線をしっかりカットする「ビオレUV アクアリッチウォータリーエッセンス」。しかも今年、リニューアルし、カプセルサイズが従来品の500分の1になって肌の凹凸によってできていたミクロレベルの塗りムラを防ぐことができるようになったとか。  何度塗り直しても、何度塗り重ねても軽く、ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスなどの美容液成分も配合していて保湿力も十分。SPF50+・PA++++。 【参考記事】⇒“SPF50”なのに使いやすい日焼け止め4選! 軽い付け心地で肌にもやさしい
次のページ 
キレイ×UVガードを両立するコスメ3選
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ