Gourmet
Beauty

ダイエット中は酵素ドリンクがいい。スイーツ代わりに飲みたい3本をレビュー

 では、味です。こちらはペーストタイプをいただいてみました。ペーストは、味の展開が3種類。  まずいただいたベーシック味は、やっぱり甘い! ねっとりとして緩いジャム状の形態なのですが、果物だけで作られてはいないので、スーパーオータカ同様にちょっと不思議な甘さです。  3種類の中では「ジンジャー」が味にアクセントがあって割と美味しかったです。他もすごく美味しいというわけではないですが、疲れた時に力強く感じる甘さで、決して嫌な味ではないです。嫌ではないというよりも、慣れてくると、またほしくなるほどでした。しかもペーストは量が少ないので、ちょうどいい栄養補給になるのです。  ドリンクタイプもペーストも、1回分は200円程度。特にペーストは持ち歩きしやすいのが、好感度の高いポイントでした。

「ハーブザイム」は高いけど一番美味しい!

 3つめは、美容系の会社が展開している「ハーブザイム113 グランプロ」(株式会社プロラボホールディングス)を試飲しました。こちらは最初の2つと比べて値段もぐっと上がるのですが、そのためもあってか、飲みやすいどころか、はっきり言って美味しかったです。
「ハーブザイム113 グランプロ」(株式会社プロラボホールディングス)

「ハーブザイム113 グランプロ」(株式会社プロラボホールディングス)

 こちらの商品は、「野菜、果物、穀物、海藻など国内の厳選された113の原料を使い、ヒノキの樽で熟成」。ひとつの樽から4本しか取れないほどの贅沢な作りということです(HPより)。
各サロンで試飲可能

各サロンで試飲可能

 こちらも味の展開があるのですが、いいところは店舗で試飲できるところ。銀座に路面店があるので味のチェックに行ったのですが、すべて味見させてもらえました。ほかにマルイやアトレなどのファッションビルにも店舗があるようですので、まずはチェックに行くのがオススメです。  以上、3つをご紹介しましたが、美味しさで言うとハーブザイム、コスパで言うとスーパーオータカ、携帯しやすさで言うと万田酵素がいいかなという印象を受けました。  酵素ドリンクは、他にもたくさん出ていますが、「酵素の力がある」かどうかは実際のところ不明でしょう。ただし、甘味としては素材がいいので「砂糖代わり」に使うとか、「甘いドリンクを作る」材料として使うのがいいのではないかと感じました。  私はこれ以来、家に酵素ドリンクを常備するようになりまして、体調の悪いときやちょっと甘い飲み物が欲しいときなどに炭酸で割って飲んでいます。甘い飲料はぐびぐび飲むと後味が悪くなりがちですが酵素ドリンクは後味も良いので、ぐびぐび飲めるのもいいところだと思いました。 ―「美活(今さら)始めました」― <文・写真/にらさわあきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
にらさわあきこ
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ