Entertainment

まもなくジャニーズJr.祭り開催。「絶好のファンサチャンス」知ってる?

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ  8月8日、まもなく19年ぶりとなるジャニーズJr.の単独ドーム公演「ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~」が開幕します。  公演はもちろん、「どんな銀テープが飛ぶんだろう?」「取れたらいいな!」ともくろんでいるヲタも、たくさんいると思います。  今回は、そんな銀テープのお話です。 銀テタイムこそ絶好のファンサタイム

なんでロゴが入っているの?

 銀テープには、グループ名やツアータイトルなどが印字されています。昔は無地だったのになぜ……? 堂本光一さんがコンサート中に語ったところによると、「以前は客席に落ちた銀テープの清掃が大変だったが、ロゴを入れたらお客さんが持ち帰ってくれるようになった。記念にもなるし、掃除も簡単になるから“ロゴ入り”が定番化した」そう。

奪い合いになったら、どうしたらいい?

 誰だって銀テは欲しいもの。でも、ときには近くの人と“つな引き”になってしまうこともあります。負けたくないのはわかりますが、意地になるのはお勧めしません。  また、通路に駆け出して銀テを収穫してくるのも、自担に見られたらすごく残念。ファンどうしでいがみ合い、にらみ合いになったり、係員に仲裁されるのもみっともない。一歩引いて、次の機会を待ちましょう。

銀テタイムはファンサチャンス!?

 みんなが銀テープに夢中になり、ステージから目をそらす時間は、絶好のファンサチャンスとも言えます。自分たちに目もくれずファンが銀テを追い回す姿は、タレントさんから見てもさみしいもの。このとき、しっかりステージを見て応援すると、目立つし、ファンサをもらえる確率もアップしますよ。

いっぱい銀テが取れちゃったら?

 ラッキーにも沢山銀テを取れて、周囲にも行き渡ったら、会場付近で「譲ってください」の意思表示をしている人に譲ってあげては? どなたにあげても自由ですが、個人的にはもうもらったのに何度も呼びかける人でなく、1本で満足してくれる人にあげたい感じです。

みんな、銀テープをどうしてるの?

 私は記念撮影してSNSにアップしたり、思い出を振り返るための“鑑賞標本”にしています。マス目状のケースにそれぞれ巻いて収納し、たまに眺めてはニヤニヤするのが幸せ! また、腕に自信のある人はストラップにしたり、ブローチなどの小物にしたりして楽しんでいますね。  銀テープ、とても素敵な思い出の品になりますが、“銀テを取ること”に執着しすぎるといろいろブレるし、タレントさんも本意ではないように思います。  前出の光一さんは、公演のラストでファンが銀テに群がるさまを懸念して、ソロ公演の序盤でいきなり銀テを発砲→意表をつかれたファンの度肝を抜いたことがあります。  銀テ発射はあくまで演出の一環としてとらえ、楽しく向き合えるといいですね! <文/みきーる イラスト/二平瑞樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ