News

古市憲寿さんが、芥川賞選考委員から酷評された深いわけ

 小説「百の夜は跳ねて」が第161回芥川賞候補に選ばれ、惜しくも受賞を逃した社会学者の古市憲寿氏(34)。  2018年に「平成くん、さようなら」で第160回芥川賞候補になり、今回2回目のノミネートでした。自身もツイッターで「ちーーーん。」「まただめだった!!!」とツイートしています。
 小説は、高層ビルが立ち並ぶ東京を舞台に、ガラス清掃員の青年とガラス越しに目が合った老婦人との不思議な交流を描いたもの。  ですが、『文藝春秋』2019年9月号に掲載された芥川賞選考委員たちによる選評が、かなり辛辣(しんらつ)だとSNSで大きな話題になっています。 古市氏といえば、テレビのコメンテーターとして引っ張りだこ。そのシレッとしたコメントは度々炎上しながらも、“本音キャラ”として人気です。世渡り上手に見える古市氏が、正面から酷評された芥川賞の選評は、文学の枠を超えて注目を浴びることとなりました。

当初は「パクリ疑惑」も…酷評ぶりがネットで注目

古市氏の芥川賞落選ツイートには、「面白い」「読後感が心地よい」「自分を重ねて読んだ」などとファンの声援も多く、書評などではセカイノオワリ・藤崎彩織や政治学者の三浦瑠麗氏、書評家の豊崎由美氏や大森望氏も賛辞をおくっています。  一方で、芥川賞選考委員のプロ作家たちは厳しい評価。そのひとつの要因は、古市氏の小説が「参考文献」として、木村友祐氏の小説「天空の絵描きたち」(『文學界』2012年10月号掲載)を挙げていたことで、複数の選評が「天空の絵描きたち」との関連をネガティブに指摘していたのです。  『文藝春秋』に載った酷評のキャプチャとともに投稿されたツイートには、1万を超えるイイネやリプライが付きました。  要するに、古市氏の小説が選考委員たちにこっぴどく酷評されて、「パクリ疑惑」まであるようだ……ということを、「ザマーミロ」と喜んだ人たちがたくさんいたわけですが、日頃から「なんかテレビでの古市、気にくわない」ということで、作品を読んでいない人も多いと思われます。
古市憲寿「百の夜は跳ねて」 新潮社

古市憲寿「百の夜は跳ねて」 新潮社

 芥川賞選考委員8名の選評を読んでみたところ、古市作品を一番に推したという奥泉光氏は<選考会の場で評価する声はほとんど聞かれず、だいぶ弱った>と書いています。では、一体どれほどまでに酷評されているのか。『文藝春秋』2019年9月号に掲載された選評の一部を引用して紹介します。  

「哀しくなって来る」「盗作とはまた別種のいやらしさを感じた」

文藝春秋2019年9月号

文藝春秋2019年9月号

 8名の選考委員のうち4名が参考文献の件に触れていました。  山田詠美氏は、参考文献の「天空の絵描きたち」を<候補作よりはるかにおもしろい……どうなってんの?><いや、しかし、だからといって、候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る>としています。  山田詠美氏と同様に<わたしは悲しかった>と評したのは川上弘美氏です。川上氏は「古典」ではない小説が参考文献にあげられていることに驚き、その作者である木村友祐氏の声がそのまま古市作品の中に消化されず響いていると、強い影響を指摘。 <小説家が、いや、小説に限らず何かを創り出す人びとが、自分の、自分だけの声を生みだすということが、どんなに苦しく、またこよなく楽しいことなのか、古市さんにはわかってないのではないか> <古市さんのおこなったことは、ものを創り出そうとする者としての矜持にかける行為であると、わたしは思います>と綴っています。  吉田修一氏は、<本作に対して、盗作とはまた別種のいやらしさを感じた。ぜひ読み比べてほしいのだが、あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持ついやらしさがあるように思う>と厳しく指摘。  これらの選評に対してSNSでは、「パクリよりタチが悪いと言われているようなんだけど……」、「出版されていない小説を探して翻案して小説を書いたなんてヤバい」「『え、なにがいけないんですか~』って、言ってる顔も思い浮かぶわ」などと多くの声が飛び交いました。
次のページ 
「作家として致命的」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ