Love

アニメ映画デートで爆睡したら、彼に激怒され…隠れオタク魂にア然

映画館に置き去りにされる

「彼に怒鳴られたんです。『おまえは渚の人生をなんだと思ってるんだ!』って。彼はそのまま私を置いて行ってしまいました。呆然としていたらメールが来て『別れよう』って書いてありました。何かそこですがりつくのも違うなーと思って承諾しました」  ちなみに「渚」とは、映画の主人公の女の子のこと。結局、彼とはそれっきり。仕事柄、顔を見かけるくらいはあったものの、特に弁明も何もしないままK子さんは転職してしまったそうです。 「やたらイケメンだった分、趣味とのギャップは大きかったかな~。押し付けないでいてくれれば全く問題なかったんですけどね。自分を好きなものに興味を示して欲しい気持ちはわからなくはないですが……」  K子さん、あの映画がどんな内容なのかは未だに知らないままだそうです。 ―シリーズ「気になる男性・彼・夫の意外な一面」― <文/もちづき千代子> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ