Lifestyle

「料理は私、ゴミ捨ては夫」式の分担は失敗する。賢い分担ルール2タイプ

 みなさんは毎日の家事への不満やイライラ、溜まってませんか? 「ラク家事」という言葉がすっかり定着したことからもわかるとおり、忙しい現代人にとって家事の負担を軽くすることは大きなテーマとなっています。
家事シェア 夫婦

写真はイメージです(以下同じ)

 なかでも、既婚者にとっては「家事の分担=家事シェア」も重要な課題。しかし現実は、妻がひとりで家事を抱え込んで「なぜ私ばかり……」とうんざりしているケースが少なくないようです。 「夫は忙しい」「頼んでもやってくれない」など家庭ごとに理由はあるでしょうが、どうすれば、スムーズに「家事シェア」を取り入れることができるのでしょうか? 家事シェアを推進するためのさまざまな事業を展開するNPO法人「tadaima!」の代表理事・三木智有さんに、家事シェアを成功させるコツを聞きました。

分担方法は「トップダウン型」と「プロジェクト型」の2つ!

「家事を分担するとなると、『料理と洗濯は妻』『食器洗いとゴミ捨ては夫』などザックリと担当を決めるケースが多いですが、これは典型的な失敗例。夫婦それぞれの家事に割ける時間や得意なことを考慮して現実的な戦略を立てないと、すぐになあなあになって不満やイライラからいつまでも解放されません」と三木さん。  そこでおすすめなのが、「トップダウン型」と「プロジェクト型」の2つの分担方法から自分の家庭に合うほうを選び、それを徹底すること。それぞれの特徴とメリットを見ていきましょう。

妻は専業主婦、夫は残業の多いサラリーマンなら、トップダウン型

 妻がトップに立ち、夫や子どもはサポーターというイメージ。妻主導で、「いまやってほしい家事」をその都度お願いしていきます。妻は専業主婦で比較的時間に余裕があり、夫は残業の多いサラリーマンで家事にあまり時間を割けない……といった家庭に向いている方法です。 家事シェア トップダウン型「ポイントは、『何をお願いするか』ではなく『いつやるのか』をしっかり決めておくこと。  たとえば、入浴しようとしたタイミングで急に『ちょっと食器洗って!』などと言われたら、夫も快く対応できませんよね。『いまやってほしい家事』をお願いするとなると、このように場当たり的になりがちなので、『ここなら家事ができる』という時間帯を事前に確認し、お互いに把握しておくことが大切なんです」 「平日は朝なら大丈夫」「休日午前中はまるっと家事に当てる」といった了承があれば、妻側は「頼みにくい」ということがなくなりますし、夫側も「急に頼まれてイラッとくる」ということがなくなります。ストレスフリーに分担できるのではないでしょうか。

夫に家事力と時間がそれなりにあるなら、プロジェクト型

 こちらは、担当をカッチリ決めておく方法。得意分野を割り振るのはもちろん、「これは誰がやるの?」となすり付け合いになる家事が残らないよう、排水溝掃除や換気扇掃除といった細かいことの担当も、最初からカッチリ決めておくのがオススメです。夫の家事力がそれなりに高く、家事に割ける時間も多めという家庭に向いているでしょう。 家事シェア プロジェクト型「プロジェクト型の場合、担当外の家事にあれこれ口を出すのはタブー。たとえば、洗い物担当の夫が夕食後になかなか食器を洗ってくれないことが気になったとしても、夫には夫の生活リズムがあります。『いつやるか』『どうやるか』は担当の裁量に任せ、お互いに気持ちよく家事ができることを優先してください」  プロジェクト型の大きなメリットは、夫も家事に主体性を持てること。完全な分担制とはいえ、なんらかの事情で担当分の家事ができない日もあると思うので、情報の共有と助け合いの心は忘れないように!
次のページ 
これまで積極的に家事をしていなかった夫には……?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ