Entertainment

地上波から消滅…「2時間ドラマ」といえば何を連想する? 2位は船越英一郎

『家政婦は見た!』『西村京太郎トラベルミステリー』『浅見光彦シリーズ』など、テレビドラマの長い歴史において、これまで数多くの名作や人気シリーズを生み出してきた“2時間ドラマ”。
『内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ DVD-BOXIII ~2時間サスペンス版~』TCエンタテインメント

『内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ DVD-BOXIII ~2時間サスペンス版 』TCエンタテインメント

 けれども、今年3月に『月曜名作劇場』(TBS系)が終了。単発で放送される作品を除き、地上波における“2ドラ枠”は完全に消滅してしまいました。  とはいえ根強い人気はあるようで、BS・CSの6チャンネルが合同で2時間ドラマを大特集しており、合計で2000時間を超える2時間ドラマが9月から10月にかけて放送されています。  そこで今回、女子SPA!では「2時間ドラマといえばコレ!」というテーマで、30代・40代女性100人を対象にアンケート調査を実施(※)。寄せられた回答の10位から1位までの結果を紹介し、わたくしドラマウォッチャーの中村裕一が改めて“2時間ドラマ”の魅力に迫りたいと思います。 ======== Q あなたが「2時間ドラマといえばコレ!」と強くイメージするものはどれですか。(複数回答) 10位 松本清張 34% 9位 山村紅葉 38% 8位 西村京太郎 40% 7位 山村美紗 41% ========  まずは第10位から7位。ここにはなんと名だたる2時間ドラマの原作者のみなさんが名を連ねました。確かに2時間ドラマは連続ドラマとは異なり、原作者の個性が色濃く打ち出されている印象があります。
『京都不倫旅行殺人事件―山村紅葉が選ぶ山村美紗「京都ミステリー」傑作長編』 (光文社文庫)

『京都不倫旅行殺人事件―山村紅葉が選ぶ山村美紗「京都ミステリー」傑作長編』 (光文社文庫)

 たとえば10位の松本清張は「ミステリー」、8位の西村京太郎は「鉄道」、7位の山村美紗は「京都」といった具合に、それぞれの特徴が明確な分、固定ファンもつきやすく、結果的に長く愛されるシリーズにつながったのではないでしょうか。  その中で目を引くのは、7位の「山村紅葉」。言わずとしれた山村美紗の娘である彼女。女優としての活躍はもちろん、近年ではバラエティー番組『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の「モンスターおばさんシリーズ」などでも2時間ドラマ仕込みの圧倒的な存在感を放っています。
(画像:山村紅葉オフィシャルブログより)

(画像:山村紅葉オフィシャルブログより)

 ちなみに『家政婦は見た!』シリーズ(テレビ朝日系)の主演を務めた市原悦子さんは次点となる11位でした。
「家政婦は見た! DVD-BOX5」TCエンタテインメント

「家政婦は見た! DVD-BOX5」TCエンタテインメント

======== 6位 京都 42% 5位 湯けむり 53% 4位 殺人 58% ========  続いて6位から4位。ここにはドラマのタイトルに使われるキーワードがランクインしました。「京都」「湯けむり」から連想する、日常からの解放感や癒しへの憧れ、そして最も日常からかけ離れていながらも、怖いもの見たさから好奇心を刺激する「殺人」。これらのフレーズはまさに2時間ドラマファンの大好物と言えるでしょう。  そう考えると2時間ドラマは視聴者の願望や好奇心を忠実に反映することで、大きな支持を受けてきたのかもしれません。
『火曜サスペンス劇場 事故』バップ

『火曜サスペンス劇場 事故』バップ

 余談ですが「湯けむり」と聞くと、土曜ワイド劇場の『混浴露天風呂連続殺人』シリーズ(テレビ朝日系)で、毎回なぜか頭に花飾りをした女の子たちとキャッキャ楽しそうに混浴する火野正平が真っ先に頭に浮かんでしまうのですが、いかがでしょう。
次のページ 
上位はやっぱりアノ人?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ