Entertainment

アルコール依存症と戦う人気俳優、禁酒のはずが泥酔か?

 イケメンで才能あふれるハリウッドの大物俳優ベン・アフレックが、アルコール依存症でリハビリ施設に入院したのは昨年夏。約10年間連れ添った元妻との離婚理由の1つともされるベンの飲酒癖だが、昨年秋に治療を終えた後は、依存症を克服すべく禁酒していると伝えられてきた。  ところがつい先日、酔っているベンの姿が目撃され、騒然とする事態になっている。最近では、新たな恋も噂され、すっかり立ち直って充実した日々を送っていると思われていたのだが……。
ベン・アフレック

ベン・アフレック

 美人女優のジェニファー・ガーナーと昨年離婚し、その後は、TVプロデューサーのリンゼイ・シューカスさんと交際していたベン。しかし、そのシューカスさんとも破局したようで、先日には、セレブ対象の出会い系アプリ「ラヤ」で恋活しているようだと報道された。  関係者は、ベンの恋の相手について「彼は本当のパートナーを望んでいるようで、有名人と付き合うつもりはありません。あまり公の場にも出ず、今は落ち着いていますね。子供がいますし仕事に集中していますが、また恋をする準備もできています」と話している。  どうやら、ベンのその願いはかなったようで、アプリ「ラヤ」を通して出会った映画音楽作曲家のケイティ・チェリーと現在交際中だという。  ある関係がUsウィークリー誌に話したところによると、2人は2,3か月前に出会い、ウェストハリウッドで先週末開かれたハロウィンパーティー会場においてなど、一緒にいるところを何度か目撃されているそう。その関係者によると「お互いにメロメロです」とのこと。しかしながら、別の関係者は、2人の関係は「今のところ真剣ではない」との見方を示した。

酔ったベンの姿にあ然。本人は「そういうこともある」

 新たな恋もゲットし、いきいきとした毎日を送っている様子のベン。一方で、前妻ジェニファーとの間にできた3人の子どもと過ごす姿を目撃されることも多く、良きパパぶりに磨きがかかっているといわれている。また今年に入り、主演映画も公開され、仕事面も順調。治療から1年経ち、アルコール依存症からだいぶ回復されたと思われていたが……。  ところが先週末には、千鳥足でふらついたベンの姿が目撃された。つまずいて車に向かって倒れたというが、明らかに酔っていると思われるその姿に、世間は騒然とする事態となっている。  当時、ガイコツのマスク姿だったことから、どうやらハロウィーンパーティーに出席し、そこで飲酒してしまったとみられる。  禁酒してちょうど1年を迎えたところで、再び酒に手を出してしまったわけだが、当の本人はこうコメントをしている。 「そういうこともある」 「ちょっとした間違いだ。でもこれで(依存症克服への)道を逸れることはないよ」  俳優のみならず、監督やプロデューサー、脚本などクリエイターとしての才能も高く評価されているベン。だが実は、長年アルコール依存の問題を抱え、2001年と2017年にもリハビリ施設で治療をうけた過去を持つ。また2018年にも施設に入所し、前回の治療から1年もたずして再発してしまったこともあることから、今回も心配の声があがっている。  アルコール依存症に陥ったバスケットボールの元スター選手を描いた映画で、主役に抜擢されているベン。映画は来年にも公開予定とのことだが、封切られる前に「アルコール依存症で再びリハビリ施設に入所」なんてニュースが報じられないといいが……。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ