Entertainment

人気爆発中、男子アイドルオーディション番組 『PRODUCE 101 JAPAN』 の魔力とは

白雪ならぬ、白岩のプリンス 白岩瑠姫

 その美しい白い肌と、スタイルの良さで、みずから発光しているかのような輝きを持つ“日プ(ニチプ)”のプリンス。実はジャニーズ事務所出身で、課題曲でHey! Say! JUMPの曲を選ぶエモい展開に国民プロデューサーもビックリ。持ち前のスラリとしたスタイルを活かした美しいダンスと、アイドルスマイルは嫌いな人はいないはず。6週目16位。

ひとりタキツバ 瀧澤翼

 最年少の16歳。子役出身、かつ、なつっこさもあり、みんなから可愛がられるも、自分からセンターに立候補するなどガッツもある。177cmの身長を活かしたダイナミックなダンスは、最年少ということを忘れさせる力強さもある。嵐の『Happiness』ではとびきり振り切った可愛らしさを披露し注目を浴びている。6週目35位。

反抗期のツンデレがたまらない 鶴房汐恩

 自信の表れから、最初のチーム分けでAクラスではないとわかった瞬間、「理由をお聞かせください」と不機嫌にきいちゃうような反抗期BOYだった彼も、仲間ができ、なついてくれる練習生とともに成長。さらに最初のランキング発表では、父親と深夜までどうしたらいいか話し合ったエピソードを話し、泣きながら「いい家族に恵まれていると思いました」という姿を見た瞬間、一気に鶴房を守りたいママが日本全国に爆誕。6週目3位。

101人からデビューできるのは11人だけ

 そのほかにもムードメイカーでみんなを盛り上げてくれる大澤駿弥や、ヒコの愛称と強力なキャラクターで一度みたら忘れない今西正彦、韓国版にも出場したラップの腕をサイプレス上野に絶賛された上原潤、ひとつひとつのしぐさに育ちの良さを感じる大平祥生、韓国でデビューを果たしていたHalo出身の3名など、毎日投票をするために11人を選ぶのが苦戦する原石だらけ。  そんな彼らは11月10日の時点で101人から60人まで絞られています。14日の配信では最新のランキングが発表され、さらに35名まで削られてしまう見逃せない展開に。しかも最後のメンバー発表は12月11日に、TBS系列にて生放送が決定。それまで毎日国民プロデューサーである私たちが投票し、運命を決めるからこそ、これは見逃すわけにはいきません! ぜひあなたの推しMENを見つけて、投票し、その子の未来を切り開いてあげてください! <文/吉田可奈> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
吉田可奈
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、出版社に入社、その後独立しフリーライターに。音楽雑誌やファッション雑誌などなどで執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。長男に発達障害、そして知的障害があることがわかる。著書『シングルマザー、家を買う』『うちの子、へん? 発達障害・知的障害の子と生きる』Twitter(@knysd1980
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ