Beauty

“たるみ尻”を引き上げる、おしり体操。奇跡の美ボディ85歳が教える

 きくち体操の魅力は、難しい決まりもなく誰にでもできるところ。「素足になって動きやすい服装で」「回数は気にせず、とにかくゆっくり、目を開けて、ていねいに」といった、ささやかな注意事項以外、守るべき点はありません。だからこそ続けやすく、モチベーションも下げずに済むのでしょう。

おしりに力をつける体操(1)

1. よつんばいになって脚を上げる 手の指は開く。肩は下げてラクにする。ひざを伸ばしておしりの力で脚を上げる。
おしりに力をつける(1)-1

写真は同書より抜粋(以下同)

2. 限界まで脚を上げる もう限界! と思う高さまで上げて、おしりを使っているなと感じ取れたらゆっくり3つ数える。もう一方の脚も同様に。 おしりに力をつける(1)-2

おしりに力をつける体操(2)

※よつんばいになって脚を上げるポーズから開始します おしりに力をつける体操(2) 最初の姿勢1. ひざを伸ばして股関節をまわす 脚で円を描くようにもものつけ根からまわす。1周を5秒くらいかけて、使っている筋肉を感じとりながらゆっくりまわす。逆まわいもする。もう一方の脚も同様にする。 おしりに力をつける体操(2)-1 脚を上げる、脚をまわす、どちらも単純な動作に見えて、やってみるとなかなかしんどい。とはいえ、短時間の体操ながら効果はバッチリのようで、私も日毎に脚が上がりやすく、股関節がまわしやすくなってきました。  もしつらくなったら冒頭の、「今この瞬間も年をとっているし、明日も年をとるのよ!」という一言を思い出し、おしりに活を入れようじゃありませんか。 ―小説家・森美樹のブックレビュー― <文/森美樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
森美樹
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ