Lifestyle

ドライブ中に車が故障。“頼れる夫”の発言にドン引き…

 頼りがいのある人は、パートナーとして魅力的ですよね。ではもし、普段は頼りがいがあっても、肝心なときにパニックに陥ってしまう人がパートナーだったら……みなさんはどうしますか?
カップル 夫婦 手をつなぐ 散歩 デート

写真はイメージです(以下、同じ)

最初は頼りがいのある夫だった

「私の夫は、まさに“肝心なときに頼りにならない人”なのですが、それがかえってよかったと思っています。変な考え方かもしれないですが、そのおかげで、自分自身が冷静にトラブルに対処できるようになったというか」  そう話しはじめたのは、大手企業の営業職のすみれさん(仮名・32歳)。夫の祐介さん(仮名・38歳)は会社の上司。仕事で祐介さんの頼りがいがある姿を見ているうちに好きになり、親しくなって交際がスタート。すみれさんが30歳のときに結婚したのだとか。 「祐介は、最初“頼りになる夫”でした。私が結構抜けているところがあるのですが、その点をフォローしてくれる人。この人と結婚して本当によかったと心から思っていました」  ところが結婚して間もないある日、すみれさんは祐介さんの意外な一面を知ることになってしまいます。

突然の大雨。ワイパーが壊れ、パニックに…

「私たちはドライブが好きなので、連休中に祐介の運転でドライブに行ったんですね。そうしたら、天気予報では一日中晴れだったのに、夜に大雨が降ってきて。そういうことは今までもあったので、すごい雨だね~とかのんきに話していたのですが、なんと、ワイパーが突然動かなくなってしまったんです。当然、目の前は見えなくなり、慌ててコインパーキングに停めましたが、祐介は大パニック。必死にワイパーをなんとか動かそうとしていましたが、ワイパーはまったく動かず……」 大雨 車中 ずぶ濡れになった祐介さんは、あからさまに苛立ち、半泣きになったそうです。 「ハンドルに顔をうずめ、『あーもう、どうしよう!』しか言わなくなってしまったんです。祐介のそんな姿は初めて見たので、びっくりしました。運悪く、加入しているロードサービスは、大雨のせいでトラブルが多発しているから、到着は早くても次の日になると言われてしまって。ひたすら車内で待つのもなんだし、『とりあえず、今日はどこかのホテルに泊まらない?』と提案したんです。そうしたら、祐介は『俺は車で寝るから、頼むからすみれだけでもタクシーで家に帰ってくれ、お願いだ』と、なぜか意固地になってしまい……。戸惑っている私に、『もう詰んだ、人生終わった』とかなんとか。『なんだよこいつ』って思いました(笑)」
次のページ 
パニックの夫に根気よく説得を続け……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ