Entertainment
News

王室離脱で話題のヘンリー王子に、バーガーキングから珍オファー

 イギリス王室の主要メンバーから退く意向を突然発表し、大きな波紋を呼んでいるサセックス公爵夫妻ことヘンリー王子メーガン妃。13日(月)には、ヘンリー王子とエリザベス女王をはじめとした主要メンバーの話し合いが行われたが、参加予定だったメーガン妃は結局参加しなかったと報じられている。

ヘンリー王子とメーガン妃「公的資金には頼りたくない」

 こうした夫妻の言動に批判が高まっているが、一方で「経済的自立」を目指す夫妻に思わぬオファーもあったようだ。
Bangshowbiz20200116

メーガン妃

 今月8日、英王室からの事実上の「離脱宣言」をしたヘンリー王子とメーガン妃夫妻。これを受け、ヘンリー王子とエリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子らによる会合が、ノーフォーク州サンドリンガム・ハウスで行われた。  現在カナダに滞在しているメーガン妃は、電話でこの会合に参加予定だったが、最終的には「必要ない」という理由で不参加。関与するのを拒否したとの見方も出ている。  英王室の広報はメールオンラインにこう話す。 「サセックス公爵夫妻は、公爵夫人の参加は必要ないとの結論に至りました」  ちなみにメーガン妃はその会合中、ヘンリー王子と連絡を取り合っていたとされている。  会合後、事前に2人の離脱計画を知らされていなかったというエリザベス女王は、次のような声明文を発表した。 「ヘンリーとメーガンの、若き家族として新たな生活を創り上げたいという希望を、私も家族も全面的にサポートします。2人には、王室メンバーとしてフルタイムでの公務を続けてもらうことを希望しますが、私の尊い家族の一員でありつづける一方、より独立した生活を送りたいという彼らの希望を尊重、理解しています」  そして2人が、公的資金に頼らない生活を送ることを希望していると明かした。 「ヘンリーとメーガンは新生活で公的資金を頼りにはしたくないと明言しています」 「よってサセックス公爵夫妻がカナダとイギリスで生活するための移行期間が設けられる予定です」 「問題は複雑ですし、やるべき事はまだありますが、この数日間で最終決定を行うよう要請しました」

バーガーキングが「弊社で働いてください」

 エリザベス女王の声明にあった通り、夫妻の計画を実現させるためには、解決すべき問題が山積している。特に、ヘンリー王子一家にかかる莫大な警備費の負担を今後どのようにするのかが争点となっている。  一家は英とカナダの双方に暮らすとされているが、カナダのトルドー首相はこの計画を「支持する」としつつも、警備費用について結論はまだ出ていないとし、「議論することが山ほどある」と語っている。  一家の警備にかかる費用は、毎年100万ドル超、日本円にすると1億円以上はかかると推定されている。これまで、英王室メンバーが来訪した際には警備費用に税金が投入されてきたカナダだが、今後その莫大な費用をだれがどのように負担するかについては、議論の余地があるようだ。  さらに、英王室からの「経済的自立」を希望している夫妻。それが果たして実現可能なのかどうか世界中の注目を集めているが、そんな夫妻に思わぬ助け舟が。
Bangshowbiz20200116.2

ヘンリー王子

 なんと、ハンバーガーチェーンのバーガーキングが、ヘンリー王子に仕事をオファーしているという。  世界中に店舗を構える同社だが、今回ヘンリー王子にツイッターで仕事の話を持ち掛けたのはアルゼンチンのバーガーキングだ。 「ヘンリー王子夫妻が王室としての役割を退き、経済的に自立していくために仕事をする予定だと知りました」 「ですから提案があります。何千人もの人たちがしてきたように、最初の一歩として弊社で働いてください」 「弊社の王冠が似合うことは間違いないとご存知のはずです。それに、公爵としての長年の生活を経て、あなたがキングのように食べ始める時がやってきたのです」  さらに、アメリカのバーガーキングもこれに続き、「うちの王室がパートタイムの仕事を提供します」と提案している。  一方のメーガン妃は、ディズニー社とナレーションをする契約をしたという情報も。ヘンリー王子みずから、メーガン妃をディズニーに売り込んだといわれており、これまた批判されている。ただこのナレーションについては、メーガン妃がナレーションをする代わりに、野生動物を保護する慈善団体に寄付するチャリティー目的だという。とはいえ、これをきっかけにメーガン妃が米ショービズ界への復帰をもくろんでいる可能性もある。  昨年には、夫妻の爵位である「サセックス ロイヤル」の商標登録を済ませているが、今後この商標を使って様々なグッズなどを販売するのではないかともいわれている。その場合、英王室の地位や名前を利用して商業活動することになり、ますます人々の反発を招きかねない。  結婚して以降、激しいバッシングにあってきたヘンリー王子夫妻。事態はおさまるどころか、ますます混迷をきわめている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ