Gourmet
Beauty

ヨーグルト+きな粉はオススメ。美容界で話題の”Wタンパク質”を摂るには?

“Wタンパク質”は簡単に摂れる。  キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」を強化しているにらさわあきこです。  美しい肌や、キレイな髪づくりに欠かせないのがタンパク質…というのはもはや常識と思うのですが、最近、美容健康界で推されている取り方があるのです。それが「Wたんぱく質」。その理由とオススメの商品・食材をご紹介します。
ヨーグルトにきな粉を足す

ヨーグルトにきな粉を足す

「Wたんぱく質」食がオススメの理由は?

 その前に、そもそもタンパク質は毎日どれくらいとるべきかというところから。美容UPを図りたかったり運動習慣のある人は、体重1キロあたり1.2g程度がオススメとされています。体重が50キロとすると、1日に60gのタンパク質をとる意識が大事です。取り入れるタンパク質が少ないと、筋肉が減っていったりお肌や髪がかさついてくるので、ダイエットをしている人は特に気をつけてほしいところです。  しかも一回に使われる量には上限があり、多く摂っても排出されます。つまり、「夜ごはんにお肉をたっぷり食べたから、今日の分は大丈夫」というのは無理なのです。さらに最近では、タンパク質は絶え間なく供給するのがオススメで、消化吸収速度の違う動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を組み合わせて食べるのがいい――という考え方が出てきました。  一回の食事で両方を同時に口にすれば、時間差で消化吸収されるので絶え間なく供給しやすくなるということでしょう。また、動物性と植物性では含まれるアミノ酸の種類が違うので、偏りや取りこぼしを減らすためにも両方を組み合わせるのは大事だとされています。

ドリンクで手軽に摂れる「大人のダブルたんぱく」

 そんな事情もあって、最近では、両方のタンパク質を気軽に取れる機能食品も商品化されているのです。青汁で有名なキューサイからは「大人のダブルたんぱく」という商品が出たので、発売当初に試してみました。
 豆乳に混ぜてみたところ、少し甘さが増してより飲みやすくなったのでオススメです。このあと豆乳ラテにしました。粉末を水に溶かして飲む習慣がないので、豆乳に混ぜてみたところ、少し甘さが増して、濃い味になりました。  また、豆乳ラテも試しましたが、ラテはまったく違和感なし。それでいて、一袋でタンパク質4.6gが補給できるので、かなり頼れると感じました。ちなみに、砂糖や甘味料などは、加えられていないようです。
次のページ 
ヨーグルト+きな粉はスイーツとしても
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ