Fashion

田中みな実も愛用中のセミオーダーブラを体験。フィット感が違った…

デューブルベで商品を作ってもらう時のポイント

ブラジャー 下着

写真はイメージです

・予約をしたら時間に余裕を持って行く(1時間半でもあっという間でした!) ・パーツを組み合わせてもらってサイズが合ったら、お洋服を上から着てシルエットを確認 ・「1ヶ月後に体型が変わっていない期間」に作る  ダイエットや育乳などで体型を変えている、変わる予定の期間に作ると、合わなくなってしまうので、特に体型を変化させる予定のない時期に作るのがオススメです(ダイエット後など) ・サイズなどの説明はしっかり聞いて、自分でも覚えておく ・「説明がもの足りない」と感じたら別の店舗へ ・ワンピースでは行かない。ブラジャー姿や上半身裸の状態が多いので、セパレートのファッションで行くのがオススメです。 ・ヒールでは行かない。フィッティング中ずっと立ちっぱなしなので、ヒールは辛かったです……。  情報量が多いので、どうしてもメモするのが難しい場合はスタッフさんにメモをしてもらいましょう。とりあえず試着だけでも問題ないので、価格と相談しながら作ってみるか考えるのがオススメです。  スタッフさんによっては、既製品でも合いやすいサイズ感があれば、それも教えてくれます。  また、カウンセリングの時間があるだけにスタッフさんとの相性も重要になってきます。私は最初の店員さんがとても相性がよかったのでそのまま購入しましたが、サイズの説明が足りないままに購入して、後悔されている方も中にはいらっしゃいます。  安いお買い物ではないのと、今後も継続して購入される可能性があるなら商品だけで見るのではなく、「このスタッフさんならしっかり説明をしてくれる」というスタッフさんから購入するのがオススメです。

自分だけのブラジャーで下着難民から卒業できるかも

 セミオーダーとなるとどうしてもハードルが上がってしまいがちです。  ですが、正直な話、確かにハードルは上がりますが自分にぴったりの下着が選べること、既製品の店舗では受けられない手厚い接客でより多くの知識もつけられること、そして何より、自分の体のことをよく知るスタッフさんがいてくれて、その人と仲良くなれるというのはとても価値あるものだと思います。できれば半年か1年に一度、相談に行って体の状態を確認してもらうのがオススメです。  下着の知識を自分で得るとなると、たくさんのブランドを見たり、いろいろな接客を受けたりしなくてはならず、なかなか手間も時間もかかります。なので、その中でもしっかりカウンセリングをしてくれるブランドで、自分の体について学んで「自分だけのためのブラジャー」を作ると、一気に下着難民から卒業できるかもしれませんよ。 <文・イラスト/ちーちょろす> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
ちーちょろす
下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteTwitterYouTubeで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ