Love

「私のこと好きじゃないの?」彼を試してしまう女性、その原因は…

 こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。  彼氏がいても自信がなく、「私のこと本当に好き?」と確認してしまう女性がいます。今回は、恋愛下手で自分で関係を壊してしまう女性のお話です。

「やってくれないなら別れる!」で彼の愛情をチェック

雨

※写真はイメージです(以下、同)

 駅に着いたら外は雨。傘はない。「傘持ってないの。迎えに来て」と洋子(仮名・28歳)は彼氏の大介(仮名)にLINEを送る。既読がすぐ着く。 「ビニール傘買えば?帰りも必要でしょ」 「それ、私のこと好きじゃないってこと?迎えに来てくれないなら別れる!」 「ごめんね。今から出るから10分ぐらい待って」  こうして大介は迎えに来てくれた。あ~、やっぱり大事にされていると感じて洋子は安心。大介は、私のわがままに何だってこたえてくれる。しかし、些細なことで言い合いになった時、その関係性に変化があらわれた。 「私のこと好きじゃないってこと?付き合ってても意味ないよね」 「洋子がそこまでいうなら別れようか」  その日、彼は謝罪しなかった。いつもなら「ごめん」と謝ってくれるのに。私はこの人から愛されている? 洋子は不安になり、どうしたらいいか分からなくなった。

年上彼氏の愛情を試してしまうアラサー女性

 そんな経緯で、洋子さんは相談にやってきました。  第一印象は、大人しい地味目な女性。白いニット、ネイビーの台形スカート、化粧は薄めでアクセサリーもネイルもしていません。大学生でも通用するような幼さがあります。  洋子さんは1時間以上かけて郊外の実家から通勤しています。父親は大手企業勤務、母親は専業主婦という家庭で、中学受験をして私立の女子校に進学し、大学も女子大、男性との接点があまりないまま大人になりました。 食事 就職してから、社内の10歳ほど上の上司の大介さんと食事に行くようになりました。以前から仕事を優しく教えてくれて、頼もしく思っていたそうです。二人は大介さんが他部署に異動になるタイミングで交際することに。彼からは「会社では内緒にしておこう」と言われ、同僚たちは二人の関係を知りません。  今は付き合って3年が経過し、まもなく洋子さんは29歳になります。 「普通、アラサーの女性と付き合っていたら結婚を考えると思うんです。でも年の差もあるし、彼と結婚していいのか…」  上司と思っている分には頼もしかったけれど、いざ付き合ってみたら欠点も見えてきたそうです。同年代の男性は清潔感があるけれど、自分の彼氏はお腹が出ていたり…。 「私は経理なので、彼の年収もだいたい分かるんです。400万円台で高くないし、私の会社はそんなに昇給もしません。それなのにあまり貯金をしていないようで。結婚する気あるのかなって。本当に好きなら、私との生活を考えてくれると思うのに、同僚との付き合いで飲みに行ったりするんですよ」 悩む「プロポーズはされたの?」 「いや、されてないです。お金貯めてくれないなら別れるって伝えてから、少しは付き合いを減らしたみたいなんですけど」  このように、洋子さんは何かと彼に「〇〇してくれないなら別れる」と言っていました。そうして彼をコントロールしていたのです。
次のページ 
なぜ彼を試してしまうのか?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ