Love

彼氏から愛犬の名前で呼ばれ…問い詰めたらありえない返事が

 誰しも恋をすると、意中の相手の心をつかみたくなってしまいますよね。  ですが上手くいかずに、予想外の一言に傷ついてしまう事も…。
ショックを受ける女性

写真はイメージです(以下同じ)

 今回はそんな経験をした女性2人のエピソードをご紹介しましょう。

彼氏に別の名前で呼びかけられた

 永島芽衣さん(仮名・26歳・飲食店勤務)は、Mさん(32歳・会社員)とお付き合いを始めて2ヶ月になります。 「友人に誘われたお食事会で知り合って、Mからかなり熱烈なアプローチを受けて付き合い始めたのですが…」  ため息をつく芽衣さん。一体何があったのでしょうか? 「この間一緒にカフェに行ったら、彼が『このケーキ、ペコちゃんも食べてみて!美味しいよ』って言ったんですよ。“え、私は芽衣なんだけど、ペコちゃんって誰?”って問い詰めたんです」  すると、ペコちゃんというのはMさんが子供の頃から12年間大事に飼っていたペットのパグ犬の名前だそうで…。 パグ犬、ペット

許したけれど彼が自分を本当に好きなのか不安

「しかも、私に初めて会った瞬間に『あ、こんな所にペコちゃんが居た!』って運命を感じて好きになったって言うんですよ?いくらなんでもパグ犬に似てるなんて、酷くないですか?」  すっかり機嫌を悪くした芽衣さんに、Mさんは「ペコは僕にとってずっと一番の親友で、本当に大好きだったんだ。死んでしまった時はしばらく立ち直れなくて苦しくて…」と、いかにペコちゃんが彼にとって大切な存在だったかを説明して、謝ってくれたそう。 「ペコちゃんを思う気持ちが伝わってきたので、とりあえず許したのですが…私を心の中でずっと『ペコちゃん』と呼んでた事も判明して、何だか私の事ホントに好きなの?って不安になってしまって」  ペコちゃんに対する嫉妬心が芽生えてしまった芽衣さん。 謝罪する夫、許せない妻「きっと、Mともっと関係性を深めてより信頼し合えれば、こんな事は笑い飛ばせるんだと思います。でも、しばらくは許せないというか、心に引っかかったままですね」  続いては、職場で気になる先輩からの言葉に傷ついた女性の話です。

気になる先輩に美人彼女がいた

 篠田奈々子さん(仮名・24歳・雑貨店勤務)は、職場の先輩(Aさん・26歳)の事が気になっていました。 「私…実は、あまり男性から褒められた事が無くて。でも、そんな私にAさんは“可愛い、可愛い”って、事あるごとに言ってくれて、そのたびにスゴく嬉しくなっちゃうんです」  奈々子さんは5年ほど彼氏がいないので、出来る事ならAさんとお付き合いしたいと思っていました。 「なので、それとなくAさんに彼女がいるのか同僚に探りを入れてみたんですよ」 許せない一言 すると、Aさんにはすごく美人で年上の彼女がいて、相当な面食いだと知ってしまった奈々子さん。 「ショックでしたね。そして何で私なんかを可愛いって言ってくれていたのかが、気になってしまって。からかわれただけかもしれませんが…もしかしたら私も気付いていない、私の良いところがあるのかも知れないと思ったんです」
次のページ 
可愛いと言ってくれた理由に絶句した
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ