Lifestyle

トイレットペーパーのラス1を掴んだら、おじさんにチョップされ…

 新型コロナウィルスの影響で、あちこちのスーパーやドラッグストアからトイレットペーパーが消えてしまい、不足する事態になってしまいましたが……皆さんは無事に確保できていますか?
トイレットペーパー

写真はイメージです(以下同じ)

 今回は、そんなトイレットペーパー不足で悩む女性のもとで起こったエピソードを2つご紹介しましょう。

掴んでいたトイレットペーパーにチョップされ……

 永田香奈さん(仮名・36歳・契約社員)は、ふと、行きつけのスーパーにトイレットペーパーが売っているのを発見しました。 「最近どこにも売っていなくて、どうしようと思っていたら、目の前に最後の1個が残っていて。喜び勇んで手に取ったんです」  すると隣にいた50代位の男性に、掴んでいたトイレットペーパーをポンッとチョップされ、そのはずみで床に落としてしまったのです。 「そうしたら、そのオヤジがトイレットペーパーを慌てて拾ってレジに持って行こうとしたのでカチンときて『それ、私が先に手に取りましたよね? 返して下さい!』と言ってやったんですよ」

悪者にされ、仕方なく泣き寝入りすることに

 ざわつく店内。すると、その男性は悪びれる事なく「自分がトイレットペーパー買えないからって、公共の場でそんな大声出すもんじゃないよ。落ち着いて」と香奈さんを鼻で笑い、レジに向かったそう。 とぼけるおじさん 男性「人のトイレットペーパー強奪しておいて、はぁ? って感じでかなりムカつきましたが、ここで私がカッとしたらますます悪者にされてしまうと思い、仕方なく泣き寝入りしました。あぁ情けないです。  コロナウィルス感染の恐怖から不安な気持ちになり、気持ちが荒んでいるんでしょうが、トイレットペーパーうんぬんよりも更なる恐怖を感じましたね」と、ため息をつく香奈さんなのでした。
次のページ 
トイレットペーパーをおばあちゃんに譲ってほっこり
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ