News

東京五輪、早すぎる日程発表に米メディア憤り「米国TV局のための夏開催か」

アメリカの五輪チケット販売業者のメッセージにも世間とのズレ

アメリカでの五輪公式チケット販売業者のページに延期のお知らせ(※画像:「CoSport」公式サイトより)

アメリカでの五輪公式チケット販売業者のページに延期のお知らせ(※画像:「CoSport」公式サイトより)

 実は筆者、アメリカでの五輪公式チケット販売業者「CoSport」から応募し、オリンピックのチケットが当選した“数カ月前までラッキーだった人”。  業者から五輪の延期スケジュールなど、最新情報に関しては頻繁にメールが来るものの、未だに払い戻しやリセールの申し込みなどについてのアナウンスはありません。  3月31日、延期日程が決まった直後に届いたメールには、こんなふうに書かれていました。 「この前例のない時代に希望の光を灯す象徴として、来年もまた“Tokyo 2020”という名称のままオリンピック・パラリンピックが開催される喜びを、皆様と一緒に分かち合いたいと思います。東京で、元気な姿でお会いできるのを楽しみにしています」
アメリカでの五輪公式チケット販売業者「CoSport」から

アメリカでの五輪公式チケット販売業者「CoSport」から筆者宛のメール

 やはりちょっと、世間との温度差を感じるメッセージです。日本で当選された方にはどんなアナウンスがされているのでしょうか?…どなたか情報お待ちしております。 Sources:「USA TODAY」「The New York Times」 <文/橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ