Lifestyle

コロナ疎開しちゃった主婦が反省。「子供のために」と思ったけど…

 4月7日夜、安倍首相が7都府県に緊急事態宣言を発令し、街ではそれ以前からの外出自粛要請でまばらだった人の数がさらに減っています。  帰省など長距離の移動も極力やめるように言われていますが、そんな中で注目ワードとしてネット上での検索数が伸びているのが“コロナ疎開”。
空港、帰省、コロナ疎開

写真はイメージです(以下同じ)

 感染リスクの高そうな都市部を離れ地方に滞在するというものですが、自覚がない無症状でも感染している可能性もありますし、新型コロナのさらなる感染拡大につながりかねません。  しかし、3月の感染初期の段階では「屋外の人の少ないところならリスクも低い」といった認識を持つ人も多く、キャンプ場やバーベキュー場の予約が増えているなんて報道も確かにありました(日本経済新聞電子版3月7日「新型コロナ背景、キャンプ場に行く人なぜ増えた」など)。

車で2時間離れた山村に住む農家の友人宅に滞在

 小学生の2人の男の子を持つ和田幹子さん(仮名・41歳/専業主婦)は農家を営む友人夫婦の厚意もあり、3月上旬に彼らの家にしばらく滞在していたといいます。 「学校が休校になり、外に遊びに行くこともできない日が続き、息子たちはストレスを感じているように見えました。  そのことを農家をやっている友人に愚痴交じりに話すと、『今はまだシーズン前でそこまで忙しくないし、子供を連れて遊びにおいでよ』と言ってくれたんです。本当は1泊だけと思ったのですが、『そんな遠慮をする間柄じゃないでしょ』って結局一週間お世話になることにしたんです」  友人夫婦はどちらも大学の同級生。彼らが泊まりに来たこともあり、現在は家族ぐるみで付き合っていたとか。それだけに「つい甘えてしまった」と話します。 「ウチからは高速道路を使って車で2時間ほど。少し山のほうに入った場所にあり、自由に走り回れるほど広い土地を持っています。  それに友人夫婦には息子たちと年の近い子供もいて、以前から仲良しだったので、楽しそうに走り回っていました。うれしそうな顔を見て、そのときは来て正解だったと思いました」 AV関係者が子供を産み育てることについて

プチ山村留学は楽しかったけど…

 しかも、この友人夫婦は普段から農業体験の受け入れのほか、ワークショップを主催。野菜の種を植えたり、ビニールハウスで育てている果物の収穫、さらにそれを使ってのジャム作りといったことを母子で体験。一週間はアッという間に過ぎていきました。 「相手はママ友と違って友達だし、そもそも大学時代に2人を引き合わせてあげたのは私なんです。当時はしょっちゅう遊んでいたし、そういうこともあってママ友のような気疲れもしません。  最終日、息子たちは『帰りたくない!』って言ってましたけど、私も内心では同じ気持ちでした」  しかし、帰宅後もコロナの感染拡大が続き、週末は自治体から外出自粛の要請。また、3月末頃からは、感染者が多い都会から来る“コロナ疎開”に対して、「ウィルスを持ち込むからやめてほしい」と地方自治体が苦言を呈するようになりました。  結局、和田さん一家は再び自宅にこもる生活に逆戻りになってしまいます。 「ただ、息子たちもテレビのニュースなどでとんでもないことが起きているのをわかっているのか、前ほどブーブー言わなくないましたね。  上の子は友人夫婦の家にまた遊びに行きたいと言ってましたが、『しばらくは無理そうだね』って幼いなりに事態の深刻さを理解していたので。できればまた連れて行きたいですけど、そんな無責任なことをするわけにはいきませんから」 子育てに悩むお母さん 母親

夫の実家からのコロナ疎開の話は断った

 しかし、幹子さんの住む地域では、新年度が始まっても学校は依然として休校。ゴールデンウイーク明けまで緊急事態宣言で外出が難しいため、毎年出かけていたゴールデンウイークの家族旅行も当然中止です。 「夏にはお出かけできるようになればいいですが、今の状況では難しいのかなって。  義実家は地方にあり、『しばらくこっちに来ないかい?』と心配して言ってくれますが、それこそコロナ疎開ですからね。もちろん丁重にお断りして、外出自粛が解除されるまでは息子たちとおとなしく家にこもっている予定です」  当初は人があまりいない屋外で適度に過ごす分には問題ないとされていましたが、状況は刻一刻と悪化。こうした行動にも自粛が求められています。  特にお子さんのいる家庭は大変だと思いますが、感染拡大を防ぐためにもコロナ疎開も不要不急の外出も控えるようにしましょう。 <文/トシタカマサ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ