Entertainment

堂本光一の「自宅のお掃除動画」がたまらん…彼女気分になれちゃう

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ  相次いでCDや映像作品の発売延期が報じられています。来月発売予定だったKinKi Kidsの「KANZAI BOYA」も、延期が発表されました。  そんななか、ジャニーズも“Smile Up! Project”として、さまざまな動画を公式YouTubeにアップしてくれています。たとえばTOKIOの城島茂さんは、家庭用洗剤を使った除菌剤の作り方を教えてくれました。  で! まじめに、役立つことを教えてくれる動画も最高なのですが、最初っから「なんの役にも立ちません」と言ってのける動画もまた最強。そんな動画を上げてくれたのは、そう、我らが堂本光一王子です。 堂本光一が「自撮りの掃除動画」を公開、彼女気分になれちゃうとは?

自撮りの掃除動画を公開

 光一さんといえば、会場のファンに向かって「前のほう!見てません! 後ろのほう!見えてません!」と言ってのけるなど、スパイシーな塩対応が有名ですが、動画でもこのノリで“無頓着な彼氏力”をほとばしらせてしまうのでした。 “光一さんが硝子の掃除をする動画”と聞いて、「“硝子の少年”に合わせて掃除するのかな?」とか「上手な掃除のコツがあるのかな?」と読むのは尚早というもの。“ベランダの窓ガラスを掃除する”というテイなのに、最初っから最後までガラスはまったく映りません。  もっと言えば、最初こそ、「このボロッボロのタオルで掃除します」と、使い倒した自身のグッズタオルを見せてくれたのですが、洗剤やら他の道具やらは一切登場せず。全編を通して映っているのは光一さんのドアップに喉元アップ。そしてしゃがんだときにハーフパンツからチラ見えする膝頭といった垂涎の情景です。

アングルが完全に彼女目線!

「わー!きったねえ!!」とおののくお顔は見られても、どんなふうに汚れが落ちたかなどは非公開。そのかわり、無防備に寄ったカメラで肌の色ムラや眉の毛並みまでも映し出し、「本当に生(き)のまま、光一さんがそばにいてくれるんだ!」と実感できるのです。  全然“気にしてなげ”な光一さんですが、カメラに映った顔を見て「ぶっさいくやなぁ!」とツッコミ、「自撮り慣れてないんでごめんなさいね」とわびるなど、人造美男が這いつくばっても叶わぬ“真・美男”の余裕が感じられるのでした。  なにより、自撮りしながら作業されているせいか、アングルが完全に“斜め下から光一さんを見上げる彼女目線”になっていて、それはもう、たまらんのんです。 「本当に(実用動画としては)まったく役に立たねえな」と呆れつつ、じわじわと愛しさが込み上げます。そして、思わず笑ってしまう。 ======  この動画の何が尊いかというと、「どうせやるなら、ちゃんと役立つことをしなきゃ!」と身構えてしまう人の心を、ふっと軽くしてくれること。眺めるうち、「何かしたいけど、自分は何もできない」とうずくまってしまう人の背も、そっと押してくれるような気がします。  光一さんが拭い去ってくれたのは、さみしさで濁った心の曇り。  奮い立たせてはくじける胸を、からっと笑わせてくれる優しさ。  こんな素敵なひとにまた会えるよう、元気でがんばらなくちゃ!ですよね。 <文/みきーる イラスト/二平瑞樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ