「年収300万円の男性」は結婚の対象外か?

 給料が安いから結婚できない……そう嘆く男性は多い。女性が婚活するときに、相手の収入が重要ポイントなのは事実。でも一方で、女性が求める収入を稼げる男性がそんなに残っていないことが、結婚できない男女をたくさん生み出してもいる。

 結婚相手として、男性の収入の現実ラインは、昨今いくらぐらいなのだろうか?

年収340万円で結婚を諦める男性の嘆き



貯金「いずれは結婚したいと思うんでいす。でも、自分の収入を考えると結婚してくれる人はいないだろうな……って」と呟くのは、現在PR会社に契約社員として勤める菊地大輔(仮名・40歳)さん。そんな彼の現在の年収は340万円。

「契約社員という状況なので、これ以上の年収アップはなかなか望めないと思うんです。それに、いつ首を切られるかわからないので、本当に将来が不安ですよ。そのうえ結婚なんて……とてもじゃないけど難しいですよね」

 しかし、同世代より低い年収だからこそ、日頃から節約を欠かさないように努力しているとか。

「僕には両親が残してくれた家があるので、年に6万~7万円固定資産税を払うだけで、家賃は0円です。また、自炊が好きだし、出歩かないので、食費や交通費はあまりかかりません。だから、貯金は月に最低3万円。多いときは10万円するように心掛けています。

 とはいえ、もともとの収入が低いのであまり貯金はできていません。家も築40年のオンボロなので建て替えも考えないといけないんですが、とてもそんな資金はありませんし、どうしたらいいのか……」

「夫婦で年収500万円」は現実ライン



 菊地さんの不安に対し、ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太氏はこうアドバイスする。

「ご家族で住んでいたのなら、持ち家は、独身暮らしには広すぎるはず。いっそのこと、人に貸して家賃収入を得るという手もありますね。これで定期収入があれば、契約社員という現在の状況に対しても、そこまで心配せずに済むのでは。

 寝る場所だけはある、という安心感は大事ですが、建て替え資金がないのなら、最悪、家を売ってしまえば、土地代だけでもまとまった金額が手に入るはず。このままあと20年間ぐらい順当に貯金していけば、問題ないと思いますよ」

 では、菊地さんが「無理だ」と考える結婚に関してはどうだろう。

今の日本では年収300万~400万円の人はザラです。女性側だって結婚後に専業主婦になれるなんて思っている人は少ない。ダブルインカムになれば、自分が年収340万円でも、奥さんがパートなどで200万円ぐらい稼いでくれれば、年収500万円になるわけですし、むしろ、自分も相手も今よりもいい生活ができると思いますよ」

 今、男性サラリーマン(雇用者)の年収は、300万円以下は23.9%、300万円超~400万円以下は19.9%。合計で43.8%は年収400万円以下なのだ。(平成23年「民間給与実態統計調査」)

 一方で、未婚女性が結婚相手に求める最低年収は、400万円未満が20代で38.2%、30代34.2% (「結婚・出産に関する調査」明治安田生活福祉研究所、2013年)と、女性のほうも現実的。
 
 そう考えると、年収300万円台で「結婚対象外」と思い込むのは、男にとっても女にとっても、もったいない話。むしろ、2人なら生活レベルがアップする、と前向きに考えるほうがよさそうだ。

<教訓>低収入の人こそ結婚は生活レベルアップのチャンス

― なぜか貯まらない人のお悩み白書【3】 ―

結婚
結婚式・指輪はムダ…女性が望む“結婚相場…
女も低年収だと結婚できない!?男が「結婚相手に求める年収」が判明
女も低年収だと結婚できない!?男が「結婚…
30~40代・年収ダダ下がりの現実
30~40代・年収ダダ下がりの現実。もう…
冷え性
あなたの“むくみ対策”は間違いかも!? …
ビューティ
sponsored
本能的に「抱きたい!」と思わせる香り
色気ではなく●●が重要!彼のスイッチをオ…
♂&♀,ラブ
sponsored
ラブコスメ
舌で感じる絶頂セックス!彼に愛されるアソ…
♂&♀
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse