Lifestyle

結婚式を中止すればキャンセル料300万円?!「#コロナ花嫁」が決断までの葛藤を明かす

 新型コロナウィルスの影響で多くのコンサートやイベントが相次いで中止となっていますが、人生の一大イベント・結婚式にも影響が出ているようです。  実は筆者もその一人。4月19日に予定していた結婚式を延期しました。今回は式延期に至るまでの経緯と、その後の顛末についてお話ししたいと思います。

最終打ち合わせ一週間前に小池都知事が緊急会見

最終打ち合わせ一週間前に小池都知事が緊急会見

初デートで訪れた「浅草花やしき」で撮影した前撮り写真(ライターの真船佳奈さんと旦那さん)

 2019年に入籍をし、約半年前に結婚式場を決定しました。最初こそあまり明確な目標もない式でしたが、打ち合わせを重ねていくごとに段々と理想の結婚式が見えてきて、オリジナルの招待状やペーパーアイテムを作ったり、ムービーを編集したり。夫婦二人で凝り性を発揮し、忙しくも楽しく準備を進めていました。  2月くらいからコロナウィルスをめぐる状況が少しずつ変化してきているのはなんとなく感じていたものの、(4月には落ち着いているだろう)と言うのが当時の見解でした。実際3月時点では、4月挙式予定のカップルのほとんどが決行をする予定と式場側からも聞かされていました。
手作りした結婚式の招待状

手作りした結婚式の招待状

 去年の台風で式を延期したカップルを何組も見てきたこともあり「私たち以外のカップルも4月組は式を挙げるみたいだし、延期しても次にいつできるかわからないから、万全の体制をとって予定通り決行しよう!」と腹をくくり、アルコール消毒液を設置したり、改めて出欠を取り直すなど準備をすることにしました。  しかし最終打ち合わせまで後一週間と迫った3月下旬、事態は急変しました。小池都知事が緊急会見を開き、外出自粛を呼びかけたのです。

結婚式の延期を決断するもキャンセル料に衝撃

 そこからオリンピックの延期や、営業自粛要請など事態がみるみる間に悪化していきました。最初は決行に賛同していた親族たちも一気に顔色が変わり、私たちも急転直下、延期へと舵を進めることになりました。  結婚式場に電話をかけると、連絡が殺到している様子が受話器の向こう側からも感じ取れます。 結婚式の延期を決断するもキャンセル料に衝撃 そこで告げられたのは、挙式まで1ヶ月を切っている私たちのキャンセル料は300万円! それだけでも吐きそうな値段ですが、続きがありました。  9月までの平日に延期するのであれば追加料金はかからないが、それ以降の日程の場合はキャンセル扱いと同じになり、300万円+挙式料金数百万がかかってくる、という話でした。  コロナ騒ぎが夏までに治っている保証はどこにもなく、9月までの延期は現実的ではありません(しかも平日…)。とはいえ、それ以降の日程に変更となると追加で300万円払わなくてはいけません。  ただでさえ明細を見ながら「東京の結婚式って高すぎない?!」と目を白黒させている状態だったので、そこからさらに300万円を支払ったら、年収を軽く超えます。
次のページ 
ひとまず夫婦で話し合うことに
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ