Entertainment

小栗旬・中村倫也も集うムロツヨシのインスタライブが面白い

 ムロツヨシのインスタライブが面白い。これまでも不定期にやっていたものが、4月7日(火)に緊急事態宣言が出た翌日から、朝8時16分から「8時16分だョ! 湯呑みでコーヒー」というタイトルで毎日トークをはじめ、1ヶ月以上続いている。
(画像:ムロツヨシInstagram5月13日ライブより)

(画像:ムロツヨシInstagram5月13日ライブより)

出演したNHKドラマ劇中にも登場

 5月8日(金)にNHK総合で放送され、ムロも出演したテレワークドラマ「転・コウ・生」(脚本:森下佳子、出演:柴咲コウ、高橋一生、ムロツヨシ)にもこのインスタライブが取り上げられたほどで(柴咲コウがムロツヨシの肉体と入れ替わってインスタライブをやるはめになる傑作ドラマ)夜11時40分という遅い時間ながら、NHK総合で彼のインスタライブが宣伝された形にもなった。  翌日のライブでは、ドラマのパロディもやって(ムロが柴咲コウの口調を真似る)、インタラクティブな楽しみを提供してくれた。それによって配信を観る人が増えたかは定かではないが、毎日、2~3万人ほどが見ているようである。
(画像:『今だから、新作ドラマ作ってみました』第3夜「転・コウ・生」NHKより)

(画像:『今だから、新作ドラマ作ってみました』第3夜「転・コウ・生」NHKより)

 GW明けの5月7日(木)に解除される予定だった緊急事態宣言が延長になったため、「8時16分だョ! 湯呑みでコーヒー」も延長戦に突入。ムロツヨシは、月曜日から日曜日まで毎日休まず、朝7時に起きて支度してカメラ(たぶん、タブレット)の定位置について2、30分間たわいないおしゃべりをし続けている。  毎朝、同じようにWとかかれたキャップをかぶり、エプロンをつけ、特製のクマの人形を動かし、髭(ひげ)を剃りながら語り始める……。土日はコンタクトを外してメガネに変え、平日よりも素な感じにして。

吉田羊、有村架純、中村倫也、広瀬姉妹らが集っている

 開始時間を8時16分にしたのは朝ドラに気を使ってかぶらないようにしたから。かつて、朝ドラ「ごちそうさん」(13年後期)に出演していたムロらしい配慮である。最初のうちは朝ドラを見た感想を多く語っていて、それが細かいプロの目線でなかなかおもしろかった。いまもネタバレに配慮しながらちょくちょく語っている。  インスタのコメント欄に、吉田羊や有村架純などが参加するサプライズもある。最近は「中村さんちの自宅から」という動画を配信している中村倫也の話題も。さらに広瀬アリス、すずが参加したりも。豪華芸能人が集っているのである。

毎回、終わりに「あ”ーー」と叫ぶことで見ている私達もガス抜き

 夜の部のインスタライブで(夜もやってるのだ、すごい! 夜は料理をしているところを映したりしている)、小栗旬がカリフォルニアからリモート出演し、率直な想いを吐露するという豪華な回もあった。  このときの小栗旬の発言が生々しくてびっくりしたものだが、ムロ自身もある朝のインスタライブで、4月にあるはずだった映画の撮影が緊急事態宣言のためなくなったのだとじつにさらりと流すように語り、そうか、本来、毎日映画の現場に行く予定が家にこもらなくてはならなくなり、行き場をなくしたエネルギーを毎朝のインスタライブにぶつけているのかなと勝手に想像した。だから毎回、ライブの終わりに近所迷惑になると自覚しつつ「あ”ーー」と叫んでいるのかなと。これはあくまで私の想像であるが。
 ライブをやっているムロに感じる、明るすぎず暗すぎず、でもどこか虚無的であるところは、ライブを見ている私たちが共通して抱いている閉塞感でもあって、ムロは自分が率先して大声で叫ぶことによって私達にもガス抜きをさせてくれているのかなとも思える。もちろん、毎日、頭と体を動かしていないと鈍るという用心もあるだろう。  ムロツヨシのライブは、ただだらだらゆっくりした口調でしゃべっているだけのように見えて、意外と考え抜かれたコンセプチュアルな印象がある。というのは、前述したように、毎日、ほぼ同じ行為を豆に繰り返していること。視線をちょっと斜めに向けてしゃべるところまで。このように同じ行為を毎日続けることはまるで修行のようではないか。  最後に叫んだあとは、医療や介護をはじめとしたいま日本で働いているすべての人へねぎらいのメッセージも忘れない。
次のページ 
ムロツヨシの修行僧のような行為は…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ