Beauty

コロナ太り解消!お腹・お尻・二の腕を引き締める「家トレ」をトレーナーに聞いた

 ブヨブヨが加速した二の腕、垂れ下がってきたお尻、掴める肉が増えたお腹……コロナ太りしていませんか?  自粛生活をしていると必然的に運動量は減るので、太りやすくなるのは仕方ないですよね。  スポーツジムが閉館中ということもあり、家でトレーニングをする人、ジムのオンライン指導でダイエットする人が増えてきています。  そこで今回は、著者がオンライン指導を実際に受けて教えてもらった、上記3パーツを引き締める「家トレ」を紹介しています。お家でコロナ太りを解消しましょう!

1回20分!“コロナ太り”解消メニュー

 今回、オンライン指導をしてもらったのは、パーソナルジムELEMENT(世田谷区三軒茶屋)の井上弘保トレーナーです。井上さんは、ヨガやピラティスのレッスンも行い、ただ筋肉を付けるだけではなく女性を中心に「美ボディ」を目指した「ヨガトレ」を推奨しているトレーナーです。
パーソナルジムELEMENTの井上弘保トレーナー(左)と、オンライン指導を受ける著者

パーソナルジムELEMENTの井上弘保トレーナー(左)と、オンライン指導を受ける著者

 お家で出来るトレーニングメニューを作成してもらいました。 1.お腹のトレーニング クランチ:10~20回×2セット レッグフロントキック:10~20回×2セット 2.お尻のトレーニング ブルガリアンスクワット:20~30回×2セット ワイドスクワット:20~30回×2セット 3.二の腕のトレーニング ヨガトレ①:10回×2セット ヨガトレ②:10回×2セット  では、それぞれのトレーニング方法を解説していきますね。

ぽっこりお腹を卒業。お腹のトレーニング

クランチ> 目標:10~20回×2セット ①仰向けになり、膝を90度に曲げる。手は斜め上にあげる。
①仰向けになり、膝を90度に曲げる。手は斜め上にあげる。

①仰向けになり、膝を90度に曲げる。手は斜め上にあげる。

②上半身を起こし、5秒ほどキープする。
②上半身を起こし、5秒ほどキープする。

②上半身を起こし、5秒ほどキープする。

③ゆっくりと元に戻し、合計10~20回繰り返す。 <レッグフロントキック> 目標:10-20回×2セット ①仰向けになり、肘をついて上体を少し起こし、膝を曲げる。
①仰向けになり、肘をついて上体を少し起こし、膝を曲げる。

①仰向けになり、肘をついて上体を少し起こし、膝を曲げる。

②そのまま足を前に伸ばす。
②そのまま足を前に伸ばす。

②そのまま足を前に伸ばす。

③膝を戻しながら、上体を出来るだけ丸める。このとき、ヘソのあたりを見る。
③膝を戻しながら、上体を出来るだけ丸める。このとき、ヘソのあたりを見る。

③膝を戻しながら、上体を出来るだけ丸める。このとき、ヘソのあたりを見る。

④合計10~20回繰り返す。
次のページ 
プリッと上がったヒップに!お尻のトレーニング
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ