Entertainment

この猫ちゃん写真じゃないの!? 19歳が色鉛筆で描く動物画がすごい

 透き通るような瞳で遠くを見つめるこちらの猫の姿に引き付けられる猫好きさんは多いはず。
「音海はる」こと、工藤陽輝さんが色鉛筆で描いた猫

「音海はる」こと、工藤陽輝さんが色鉛筆で描いた猫

 しかし、これが実は写真ではなく、色鉛筆で描かれた「絵」だと知ったら、猫好きさんだけでなくとも目が釘付けになってしまうのではないでしょうか。  写真と見間違うほど写実的な絵。そんな作品で多くの人を感動させているのが、色鉛筆画家の工藤陽輝さん。19歳の工藤さんは「音海はる」という名義で、TwitterやInstagramにて目を奪う動物画を続々と公開しています。

「楽しい」が製作活動の原動力に

「3年ほど前、友人が色鉛筆で絵を描いているのを見て、楽しそうだなと思い、自分も描き始めました」  そう語る工藤さん。実は生まれつき網膜芽細胞腫による白内障で右目が失明しているそう。そのため、絵を描くときは全力投球できる序盤に瞳を描くよう、心がけているのだとか。  猫や犬だけでなく、オオクワガタのような昆虫に至るまで、これまでに描いてきた生き物は多種多様。作品を制作するときは、「自分が楽しむこと」」を第一に考えてきました。 「1番好きなのは昆虫。特にクワガタが好きです。赤ちゃんの頃からずっと好きだったみたい。でも、描いていて一番楽しいのは猫です。かわいいので、描いてるととても癒されるんです」  もちろん作品にもよりますが、工藤さんがひとつの絵を完成させるのにかける時間はA4サイズ1枚あたり、短くて20時間ほど。長い場合は50時間ほどかかることもあるのだとか。 「個人的には爬虫類を描くのが難しい。光沢や独特の質感を出すのが大変で…」  そんな苦悩を抱くのは、どんな生き物の特徴もしっかりと捉えたいと考える工藤さんの動物愛が関係しているように思えます。  今回は、工藤さんがこれまで描いてきた作品の中でも、特に印象深いものや、インパクトがあるものを5点紹介! 思わず息をのんでしまう工藤ワールドをぜひ、お楽しみください。

①ワイルド×かわいいが混在する「トラの絵」

 トラが持つワイルドさとかわいさを見事に表現したこちらの作品は、工藤さんの1番のお気に入り。
①ワイルド×かわいいが混在する「トラの絵」

①ワイルド×かわいいが混在する「トラの絵」

「背景をアレンジして描いたのですが、トラと背景が相まって見栄えがよくなり、とても気に入っています。描いていて、とても楽しかったです」  トラのたくましさはそのままに、柔らかいイメージも得られるよう工夫された本作は、動物を多角的に見ることの大切さを教えてくれるようです。

②製作期間は1か月!A1サイズの「ヒョウ」

 同じネコ科動物のヒョウを描いた本作は、なんと1か月もの製作期間を要した超大作。
②製作期間は1か月!A1サイズの「ヒョウ」

②製作期間は1か月!A1サイズの「ヒョウ」

 こちらは、A4サイズの絵を描くことが多い工藤さんが、A1サイズに挑戦した貴重な作品。 「かなり大きいので、塗る準備にすら時間がかかりました」と漏らす工藤さん。絵から溢れ出す迫力を、ぜひ間近で見てみたくなります!

③大好きな愛犬を完全再現

 工藤さんの作品はその技量だけでなく、再現率の高さにも驚かされます。それがよく分かるのが、愛犬オレオくんを描いた絵画。  特徴的な模様はもちろん、被毛の質感や首輪の鮮やかさなど、細かな部分も見事に再現。絵のモデルを務めたオレオくんは瓜二つな絵を目の前に、どんな反応を示していたのかも気になってしまいます。
次のページ 
まるで本物!のキジトラ猫
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ