Fashion

パリジェンヌがお買い物に使うマルシェバッグ。家の中でも便利です

jolliesのプラスチックのマルシェバッグが頑丈で美しい

 今回ご紹介するこのマルシェバッグはプラスチックのテープを編んだもの。ラフィアのような素材のマルシェバッグよりずっと頑丈で、編み目によってできた柄も美しい。  家の近くのショッピングモールへ映画を見に行った際にたまたまやっていたポップアップで出合い、1度前を通り過ぎたけれども、やはり気になって、引き返して買いました。聞けば、本店は湘南にあるそうで、地元でもこんなものが売られていたとは、まさに灯台下暗しです。  このバッグはベトナム製ということで、一時フランス領だったベトナムですから、そのセンスはどことなく、あのフランスの市場で売っていたマルシェバッグに似ています。 マルシェバッグ2

このプラバッグは色柄が豊富。チャームで組み合わせも無限大

 使い方はいつも同じ。夏の季節は近くでの買い物や映画を見に行くときに持参。出先で何か買っても十分に入る大きさです。  そして夏が終わったら、読み散らかした雑誌やカタログ、メモ用紙の束をさっと片づけて、マルシェバッグごと持って家の中を移動する際に使用。  目移りするぐらい色柄ともに豊富で、まず他人とかぶることがありませんし、別売りのバッグチャームや、中が見えないように使うスカーフ類も使えば、組み合わせは無限大。そして何より頑丈で長もちしそうな作りです。
 マルシェバッグの存在を知ってから20年余り。かなり理想に近いマルシェバッグに出合えました。当分はこのバッグ1つでやっていけそうです。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ