Entertainment

賀来賢人も、「ちょっと意外なもの」を集めてる芸能人6名。切った爪まで…

哀川翔 カブトムシ飼育の愛好家

哀川翔 カブトムシ飼育の愛好家

『翔、曰く―EXCITING』

 キャンプや釣りなど多彩な趣味を持っている哀川翔ですが、そのうちのひとつがカブトムシの飼育。自宅と茨城に借りている飼育所で、毎年5,000匹ものカブトムシを飼育していることが知られています。  哀川翔がここまでカブトムシに夢中になるのは、カブトムシのフォルムと角がある姿がカッコイイことに尽きるよう。女性にはさっぱりわからないかもしれないですが、まるで鎧のように角を持ったカブトムシに、男性ならではの魅力を感じているのかも…。

生瀬勝久 自宅に掃除機が10台

生瀬勝久 自宅に掃除機が10台

『警部補 矢部謙三』

 各家庭に1台あれば十分な掃除機を、10台も持っているというのが、俳優の生瀬勝久。妻でヨガセラピストの堀本陽子が、2019年2月に出演した『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で夫の収集癖を暴露。100kgもある大型掃除機からスティックタイプ、ロボット掃除機まで、何台もの掃除機を買いそろえているそう。  しかも掃除をすることが好きなのではなく、掃除機そのものが好きなのだとか。他人には理解できない不思議な性格がかいま見えるようです。

太田光代 自分の爪と皮をビンに保管

太田光代 自分の爪と皮をビンに保管

『独走 』

 爆笑問題、太田光の妻で、芸能事務所タイタンの社長を務める太田光代は、2015年2月にツイッターで自分の意外な趣味を告白。これまでに切った自分の爪や、むけた手の皮をビンに入れて集めているのだそう。  しかも集め始めたのは、物心ついたときから。実家には40年近く前の爪と皮がたくさんあるとのこと。「最初に手のひらから皮がむけて、かわいそうと思って保管しました」と言っているように、爪も皮も自分の分身のように感じているのかも…。  一度集め始めると、どんどん数を増やしてこだわりたくなるのは、人間の性なのかも。他人から見たら「気持ち悪い」と思われるような物でも、本人にしてみればきっと愛しい存在そのものでしかないのでしょうね。 <文/佐藤まきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
佐藤まきこ
女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ