News

YouTuberが体調悪いのにディズニーから生配信して炎上「コロナでは?」視聴者の声

 7月11日から一部再開した米フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートですが、来園した熱狂的ディズニーファンの女性ユーチューバーの動画によってさっそく物議をかもしています。

体調不良もそのままパーク滞在に「ありえない」の声

「ザ・クレイジー・ディズニー・レディThe Crazy Disney Lady」と呼ばれるユーチューバー、トーニャ・ブレイキーは、再開初日から友人と共にディズニー・ワールドを訪れ、二日間で計10時間以上に及ぶ動画をライブ配信しました。  その中で、友人のロビンがアレルギー反応による息切れなどの症状を訴えるという一幕があり、これが炎上騒ぎに発展。
『インサイダー Insider』によると、食事中に体調を崩したロビンは救護室に行くものの、すぐに戻ってきてトーニャと合流。しかし、症状はすぐに悪化し、再び救護室に戻りました。  その後も二人はそのまま園内に滞在し動画配信を続けたところ、コメント欄は「アレルギーでなく新型コロナウイルスではないのか?」と怪しむ声であふれました。  初めこそ「ロビンは血圧が高くなり、激しい嘔吐をしたので今はホテルの部屋で休んでいる」と冷静に説明していたトーニャでしたが、コロナ、コロナと騒ぎ立てる人たちの多さに激怒。自身が運営するフェイスブックのディズニーファン・グループを持ちだし、こう諌(いさ)めました。 「今度、コロナと言う人がいたら私のグループから抜けてもらう。ロビンの体調不良の理由は(ピーナツアレルギーだと)ちゃんと説明したはずでしょ。本当にコロナだったらディズニーに来てないわよ」
トーニャが運営のディズニーファン・グループはメンバー2,067人(画像:The Crazy Disney Lady Facebookページより)

トーニャが運営のディズニーファン・グループはメンバー2,067人(画像:The Crazy Disney Lady Facebookページより)

有名YouTuberが動画を拡散し批判は拡大

 しかし、1度炎上してしまうと拡散の無限ループに陥(おちい)るのがSNSの恐ろしいところ。  この配信を観ていたユーチューバーのジェニー・ニコルソンが、動画の短縮版を15万7000人のフォロワーを持つ自身のツイッターに投稿すると、批判の声はさらに高まりました(著作権上の問題で動画は既に削除されています)。  ジェニーはロビンの症状を書き連ね、喉の痛みを訴えながらもディズニーパークにとどまったこと、パーク内の救護室の助言を無視し、医者の診断を拒んだことなどを疑問視。  続くツイートで、こんなことをつぶやいています。 「チャンネル名も明かしませんし、彼女たちを誹謗中傷するような人々を望んでいるわけではありませんが……。二人が善良な女性で、自分たちのことは無敵だと信じているのは間違いないでしょう。  でも、このような行為こそが、パンデミック下でテーマパークを再開するべきではない理由となってしまうのです」
(画像:ジェニー・ニコルソンのYou Tubeチャンネル「Jenny Nicholson」)

ジェニー・ニコルソンはチャンネル登録者数52.4万人(画像:You Tubeチャンネル「Jenny Nicholson」より)

次のページ 
テレビのニュース番組で弁明
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ