News
Lifestyle

Go toトラベルは間違い英語。政府が推す「ワーケーション」って何?

 連休明けの7月27日、菅官房長官が新型コロナ感染拡大防止対策としての新たな試み「ワーケーション」の推進を発表しました。
 これは、仕事を意味する「Work」と休暇を意味する「Vacation」をかけ合わせた造語で、『アーバンディクショナリー Urban Dictionary』にも「Workcation」や「workation」の綴りで掲載されています。  リゾート地で仕事をこなしながら休暇を取る究極のリモートワークとして、アメリカなど諸外国で約10年前から使われ始めた言葉だそうです。
(画像:『アーバンディクショナリー Urban Dictionary』より)

(画像:『アーバンディクショナリー Urban Dictionary』より)

 同じくコロナ禍のSNSでよく見かけるようになったものに、家や在宅を意味する「Home」「Stay」と「Vacation」をかけ合わせた「Homecation(ホームケーション)や「Stay-cation(ステイケーション)」があります。  こちらも「お金がないのでお家でバケーション」といった具合に使われる以前からある言葉のようですが、今年はアメリカでも感染対策で「在宅夏休み」を計画している人も多いようです。

Go toトラベルは間違った英語。正しくはどう言う?

 連休前の7月22日には、首相官邸の公式SNSは「明日から4連休が始まりますが、3つの『密』の回避、大声を出す行動を控えること、マスク・手洗い・消毒・換気などを徹底していただくようお願い申し上げます」と、改めて3密回避の大切さを訴えるメッセージを出しました。  4連休といえば賛否両論の中で始まった「Go to Travel」キャンペーンですが、この表現については、日本人の中からも「文法が間違っている」「子供がこれで覚えてしまったらどうするのか」との指摘が相次いでいるそう。  本来、「Go to New York」のように目的地を「to」の後に持ってきて「ニューヨーク(目的地)へ行く」と表現したり、「Go to eat」のように何のために行くのかその目的を示して「食べるために行く」と言ったりするときに使います。 「旅行する」を意味するTravel(トラベル)と一緒に使ってしまっては、「旅行(という名の目的地)に行く」、もしくは「旅行するために行く」という不自然な言い回しになってしまうのです。 「Go」と「Travel」を一緒に使いたいのなら、「Go Travel」「Go Traveling」とTo抜きで言うこともできますが、こちらもあまり一般的な表現ではありません。 「旅行する」の意味合いとして一番使われる英語フレーズは、「Go on a trip(ゴー・オン・ア・トリップ)」。この機会にぜひ覚えておきましょう。
次のページ 
「3密」はWHOに認められた!?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ