Lifestyle

保護した白猫と白犬が親友に。つらい過去があった2匹の不思議な絆

○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.17】  猫と人の間に絆が芽生えるように、一緒に暮らしていると犬と猫も深い繋がりで結ばれることも。今回は絵本作家、あんのくるみさん(@kurumi0422a)の愛猫マロンくん(14歳)と、亡き愛犬シンディちゃんの友情を取材しました。

猫嫌いの猫が見つけた友達は「犬」

 今から13年前、ゴールデンレトリバーのホワイトちゃんと暮らしていたあんのくるみさんは子猫を迎えたいと思い、ある日、地域の犬猫保護センターを見学。
家族の一員だったホワイトちゃん

家族の一員だったホワイトちゃん

 そこで目にしたのが、ご飯を食べる数十匹の猫たちから離れ、ひとり、ただじっと床を見つめているマロンくんでした。  他の猫に馴染めず、ひとりだけ廊下に出てご飯を貰うマロンくんを見たとき、頭に浮かんだのは遠い日の自分。 「私は学生時代、学校に馴染めず、休み時間がとても苦手で読んでもいないのに本を広げたり、机をじっと見つめたりしていたことがあった。だから、自分とどこか重なるマロンを迎えたくなりました」
お迎えしたばかりの頃のマロンくん

お迎えしたばかりの頃のマロンくん

 家にやってきたマロンくんはホワイトちゃんと仲良くなり、大の犬好きに。2人の交友はホワイトちゃんが13歳で亡くなるまで続きました。

飼育放棄されていた大型犬のシンディ

 その後、あんのくるみさんはご近所さんから「とんでもない飼い方をされているグレートピレニーズを見つけた」という話を聞きました。その子は汚いプレハブ小屋に繋がれており、やせ細っていたそう。心配になったご近所さんは警察や犬猫センターに通報し、犬は保護されました。
発見当時はやせ細っていそう

発見当時はやせ細っていたそう

 そこは、なんと偶然にもあんのくるみさんがマロンくんを引き取ったセンター。 「当時、マロンには治療中の疾患があったので、メールでセンターの方に経過報告をしていました。だから、保護した大型犬のことも尋ねてみたんです」  すると、送られてきたのは痩せて泥まみれになった犬の写真。爪は散歩をしていないせいで丸くなるまで伸び、首輪周辺の皮膚は変色していました。  当時、ホワイトちゃんを無くして半年ほどだったあんのくるみさん宅には大型犬の首輪や布団、おもちゃ、ストックしていたフードなど、捨てられない「愛犬の生きた証」がたくさんあったため、余計にその大型犬のことが気がかりに。 「大型犬じゃ、センターさんも大変だろう」とお父さんが口にすると、「うちみたいに大型犬用品がそろっているわけじゃないだろうしね」とお母さんも共感。あんのくるみさんが「目がホワイトに似てる」と言う頃には、お父さんは車のキーをもって立ち上がり、連絡を入れてセンターへ。その後は獣医師さんと相談し、マロンくんの健康も考慮しつつ、家族に迎える日を検討していきました。
次のページ 
マイペースだった猫が愛犬を守る「兄貴」に
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ