Job&Money

「これ忘れる?!」空港スタッフ女性が仰天したお客の忘れ物

 ライターの高木沙織です。  かつてグランドスタッフとして6年間勤務してきた私。みなさんが空港で接する航空会社の地上職員です。
空港スタッフが仰天したお客様の忘れ物

写真はイメージです(以下同)

 旅行に行く前は「あれもこれも、持ったかな?」と、忘れ物がないように入念な持ち物チェックをしますよね。では、帰りはどうでしょう? 楽しかった旅の思い出とちょっとの疲労感とともに空港に到着。早く家に帰ってゆっくり休みたい気持ちもあるかもしれません。  だからでしょうか、こんなビックリな忘れ物に遭遇したのは一度や二度ではありませんでした。

到着業務のヘルプは毎回ドキドキ……

 私が所属していた“出発班”では、これから海外へと旅立つお客様の搭乗手続きやゲート業務をおもに担当するのですが、ごくたまに到着班のヘルプをすることもありました。海外から帰ってくる旅客機とお客様のお迎えです。
到着業務のヘルプは毎回ドキドキ……

元グランドスタッフ、現ライターの高木沙織さん

 同じ制服を着ているのだから、お客様やほかの人たちからは一人前の到着担当に見えるでしょう。当時の私はエアラインで働いている自分に酔っていたのか、肩で風を切って歩いてしまうような強気の態度だったので雰囲気だけはベテラン風だし。  だけど、同じ航空会社とはいっても出発班と到着班とでは働く場所も違えば業務内容も違い「ヘルプに来てもらえる?」、と声をかけられるたび毎回(うわ、私で大丈夫かな?)と内心ドキドキしていました。もちろん到着に関する基本的なことは学ぶけれど、まあイレギュラーばかりで予期せぬこと(これ、どうしたら……?)の連続。それがこの業界なのです。

キタ―――! 苦手なやつ!

 到着班の仕事を手伝うことには手伝うのですが、部署が違うので新人同然です。なので、難しいことは任されません。多くは海外から到着し、さらにまた乗り継ぎがあるお客様をトランジットカウンター(乗り継ぎカウンター)に案内するとか、手伝いが必要なお客様のケアをするとか、です。  が……。 苦手な業務を任されてんやわんや「高木さん、バゲージクレームに行ってもらってもいい?」 (キタ―――! 苦手なやつ!)  そう、このバゲージクレーム(チェックイン時に預けた手荷物を受け取る場所)にいるといろいろなことが起こるのです。例えば、出発地のチェックインカウンターで言葉が通じなかったことでの行き違いや機内で起こった困りごとについてなどなど、さまざまな問い合わせが集中。 「私、通路側の席がいいって言ったのに4人掛けの真ん中の席だったんだけど」 「機内でドリンクをこぼされて、到着したらスタッフからクリーニングクーポンをもらえると聞いたのに! 誰も持ってこないじゃないか」  さらには、預けた荷物が破損していたり、ロストバゲージ(預けた荷物が出てこない)になってしまっていたり……。てんやわんやです。  出発業務では「いってらっしゃいませ」「ありがとう、いってきます」のやり取りで済むことが多いけれど、到着業務はお客様が旅のあいだに抱え込んでしまった精神的・物理的なものごとへの対応が多いのなんの。
次のページ 
「これ忘れる?!」驚きの忘れ物とは
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ