Job&Money

“鬼の形相”で働く空港スタッフ女性、ある日お客さんと目が合って…

 ライターの高木沙織です。  かつてグラホ(グランドホステスの略、現在のグランドスタッフ)として6年間勤務してきた私。みなさんが空港で接する航空会社の地上職員です。
繁忙期は“鬼の形相”になる空港スタッフ女性たち

写真はイメージです(以下同)

 旅行や出張などで空の旅をする前にはチェックインカウンターでの手続きが必要となりますよね(自動チェックイン機やWebチェックインで済む場合を除く)。そこで接するグランドスタッフは優しくてニコニコ、飛行機に乗る前の緊張を和らげてくれたり、ワクワク感を高めてくれたり、そんな存在だと思っていたのにアレ……?「めっちゃくちゃ顔、怖いじゃん!」なんて経験はありませんか?  そんな“鬼顔”グランドスタッフ、接客業としてどうなの? はい……、私もよくしていたので反省しています。

チェックイン業務は常に時間との戦い

 グランドスタッフの代表的な仕事のひとつでもあるチェックイン。一日のフライト本数やその座席の埋まり具合にもよりますが、私が勤めていた航空会社ではチェックインカウンターが開いている時間帯は常にドッタドタ・バタバタ。  行先が異なる複数のフライトのチェックインが重なるうえに、決まった時間になると場所を出発ゲートに移してヘルプをしたりなんかもして。フライトを定刻どおりに運航させるためにあっちもこっちも……「あー!!!時間がない、ヤバいヤバい」という状況なんですチェックイン業務は常に時間との戦い

目が合ったお客さんに怖がられる

 なので、チェックインを待つお客様の行列を少しでも早く短くするために必死。カウンター内から手を上げて…… 「Next passenger please!(次のお客様どうぞ!)」  これ、一日に何100回叫んだことか。脇汗をかいていようがお構いなしで大きく腕を振りながらね。それから…… 「おはようございます。パスポートとeチケット(電子航空券の控え)のご用意をお願いします」
目が合ったお客さんに怖がられる

元グラホ・現ライターの高木沙織さん

 ここまでは笑顔。必要書類を受け取ると、私を含めみんな表情がクルッと変わり眉間にシワをキュッと寄せながらパソコンと睨めっこです。そのままパスポートと本人が同一人物か確認したり、渡航に関する質問をしたりするために顔を上げるものだから、もう鬼みたいな顔をしているわけですよ……。  しかも私なんていつの間にか鬼顔を極めてしまったようで、目が合ったお客様がビクッとする姿も何度か。さすがにこれではいけない、と慌てて笑顔を作った記憶があります。  みなさんちょっと想像してみてください。鬼顔のグランドスタッフが横一列に並んだチェックインカウンターを。嫌でしょう?
次のページ 
ある日後輩に写真を撮られ…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ