Entertainment

“ポスト渡部建”と噂のパンサー向井。イケメンMCとして渡部を超えるか

かつては「どう笑っていいかわからない」芸人だった

 また、パンサー向井さんと言えば、イケメン芸人としても有名です。かつては「出待ち率ナンバー1」などと、アイドル的人気でもてはやされ、2015年のよしもと男前芸人ランキングでは1位に輝きました。
 ですが出だした頃の本人はというと、当然芸人としてのプライドもあり、その扱いは不本意だったようです。先輩芸人の自虐のフリに使われたり、NON STYLE井上さんのような返しを求められることがあったと『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)などで当時を憤りながら語っています。

芸歴を重ね“笑える隙”が生まれた

 ただ、不本意な時期を過ごし、新世代の台頭に怯えながら芸歴を重ねたことが、彼に対する“笑える隙”を生み出したように感じます。  イケメン、高学歴(明治大学卒)、真面目、ツッコミ・まとめ役、明るい、性格よさそう…あまりにパーフェクトのため、かつてはどう笑っていいのかわからない芸人さんでした。  そのような芸人さんが笑いをとるためには話術の面白さや大喜利的なセンスが相当必要とされ、ハードルも上がります。不幸にも彼は、自ら言うように同じパンサーの菅さんのような雰囲気や大喜利的な面白さ、尾形さんのような勢いや天然ボケ的面白さがありませんでした。
 しかし、今。年齢を重ね、アイドル的人気の呪縛が解き放たれたことや、経験や芸歴を積み、毒や自虐を面白おかしく言えるようになったことで、視聴者も安心して彼を笑えるようになってきたのです。
次のページ 
アンジャッシュ渡部との共通点と、異なる部分
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ