Lifestyle

あんた誰!? SNSに見知らぬ人がマウント取りにくる“出張マウンティング”

●純粋な喜びの表現であること

 嬉しい出来事をSNSにつぶやく際、それが“純粋な喜びの気持ち”であるなら、素直に表現していいと思います。
●純粋な喜びの表現であること

※イメージです

 しかしながら、心の中に「優位な私を自慢したい!」「相手をくやしがらせたい!」といった薄闇がかかっているなら、やめておいたほうが賢明です。  どんな気持ちでつぶやきたいかは、ご自身の胸に訊けばわかるはず。

●投稿する場所を選ぶ

 たとえば、ファンどうしがピリピリしている場で「限定品をゲットした!」と自慢したら、いらぬ諍いは待ったなし。ですが、利害関係のない友人や知人だけが見る場なら、返ってくるのは「よかったねぇ!」という純度の高い祝福です。「この投稿はツイッター、こっちはインスタに」というようにSNSを使い分け、トラブルが芽生えないようにするといいですよ。 ======  “匿名”“顔が見えない”という気やすさに甘えて、つい出張マウンティングに及んでしまう人は、「道を歩いていて目についた人に声をかけ、同じことを言うのか?」「逆に、自分が同じことをされたらどう思うか?」よく考えてみるとよさそうです。  強気になりがちなSNSだからこそ、素敵なソーシャルディスタンスを保って楽しみたいものですね。 <文/みきーる> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ