Job&Money

コロナで月収は50万から8万に。高級クラブで働く女性の悲痛

 今夏、週刊SPA!編集部ではコロナ禍で加速する“女性の貧困”の実態に迫った。あれから数か月──。年が暮れようとする現在も、この“女性不況”は収束の兆しが見えないままだ。このコロナ禍で女性たちに何が起こっているのか?

老舗高級クラブが閉店して、就職難民に…

貧困女子

写真はイメージです

 水商売歴18年の澤井由美さん(仮名・40歳)は、歌舞伎町の高級クラブで働き、月収50万円を得ていたが、2月に店が業績不振のため閉店してしまった。 「新しい店に移ったんですが、この店も緊急事態宣言で月の売り上げがほぼゼロに。夏以降も全然お客さんは戻らず、同業の仲間がどんどんやめていきました」  収入は月8万円に激減。湯船に入るのは3日に一回にし、見切り品で自炊して凌いでいる。美容院には半年間も行けていない。 「初めて質屋に行って、ブランド品を売りました。今は雑誌についてきた付録のバッグで我慢しています」

アラフォーで昼職のキャリアがない身にはどこも狭き門

貧困女子

飼っている猫。「コロナの不安のなかでの唯一の癒やしです」

 現在の出勤は予約が入ったときのみで、週に一度あるかないか。事実上の無職状態に陥っている。 「昼職と両立していたコはそっちにシフトできるけど、私は夜職一本だったから。水商売は何も保証がないことを痛感しました。私も夜職だけでは生活できないと思い、昼職の求人を探したんですが、アラフォーで昼職のキャリアがない身にはどこも狭き門。もう昼職は就けないんだなと諦めてます」  夜の世界のキャリアは脆く、不況が襲うとたちまち“就職難民”となってしまうのか。 「私はもう水商売で生き残るしかない。春まで歌舞伎町がこの調子なら地方でお店を探すしかありません」  彼女の決意が報われる日はいつになるだろうか。 ―[密着ルポ]コロナ貧困女子の“いま”― <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ