Beauty
Lifestyle

小腹が空いたら、おやつより食事!在宅でムリなく痩せるコツ/勝間和代

家の中だけ「シュガーレス」「カフェインレス」に

勝間「いまは家にいる時間が長いので、家の中だけでも『シュガーレス』と『カフェインレス』にするのもおすすめです。外だと難しいですけど、家だったら買わなければいいだけなので。摂らないようにしていると、そのうちそんなに欲しくなくなってきますよ」
勝間和代さんのノンカフェイン生活

勝間さんはハーブティーやデカフェの紅茶を手軽に楽しめるよう、カプセル式ティーサーバーを個人輸入で取り寄せたそう(撮影/疋田千里)

――続けていくと、どんなふうに体の変化を実感できますか? 勝間「やっぱり太らなくなります。おやつや飲み物で糖分を摂らなければ、白米をバクバク食べない限り食事から摂れる糖質ってそんなにないので、普通に三食食べても太りません。カフェインレスのほうは、寝付きがかなりよくなって体調もよくなります。コンビニやカフェで何気なく買っているコーヒーやカフェラテは糖分も多いので、カフェインレスはシュガーレスに繋がるメリットもありますよ」
勝間和代さん

勝間和代さん

――とにかく家の中に置かないことからスタートするのがよさそうですね 勝間「はい。目に入ったものを我慢するのってしんどいので、最初から置いてあるお店に近づかず、家に置かないようにするほうがずっとラク。で、家においしいハーブティーを用意しておけば、わざわざ買いに行ってまでコーヒーや紅茶を飲みたいと思わなくなりますから。私はいつでも簡単に飲めるように、ハーブティーをたくさん淹れておいて一杯ずつチンして飲んでます。こういうことをしていれば、自然と太らなくなりますよ」 ――余計なものを目に入れず、体が喜ぶものだけを食べたり飲んだりする習慣を、今のうちにつけたいと思います! 勝間和代(かつまかずよ)】 経済評論家。株式会社監査と分析取締役。中央大学ビジネススクール客員教授。 1968年東京生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガンを経て独立。少子化問題、若者の雇用問題、ワーク・ライフ・バランス、ITを活用した個人の生産性向上など、幅広い分野で発言を行う。『勝間式食事ハック』(宝島社)、『勝間式超ロジカル家事』、『勝間式超コントロール思考』『勝間式超ロジカル料理』(以上、アチーブメント出版)、『勝間式超スローライフ』(KADOKAWA)など、著作多数。 <勝間和代 取材・文/持丸千乃>
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ