Gourmet

「レインボーラーメン」を食べて、舌と脳が大パニックになっちゃった

 コロナ禍でも明るい話題を……と各社が様々な試みをする中、どさん子ラーメンが生み出したのが「究極のSNS映えをするラーメン」と名乗る、「ハッピーレインボーラーメン」。絵の具のような色で描かれた虹が載ったラーメンは、たしかにインパクト大。 ハッピーレインボーラーメンを食べてみた 1日お店ごとに限定数を出しているそうで、味噌カレーラーメンに野菜炒め、味玉1個、チーズの絡んだチャーシュー7枚をトッピングしたモノだそうです。  でも、実際のお味の方は……? 潜入取材してきました。

ラーメン屋の看板に混じる極彩色のラーメン

 今回このラーメンを展開している店舗から筆者が選んだのは、「どさん子ラーメン 大手町店」。たまたま忙しく、ランチに食べに行こうと思っていたのですが、到着したのは夕方。実は、これが大正解。 ラーメン屋の看板に混じる極彩色のラーメン 看板を見ると、ハッピーレインボーラーメンは「二時から」とのこと。虹ゆえに二時……どう受け止めればいいのでしょうか。 極彩色のラーメン看板は目を引きます おいしそうな文字列の中、極彩色のラーメン看板は目を引きます。(心の中も軽く引いています)。券売機で1,280円(税込)のチケットを購入し、席でラーメンの登場を待ちます。

宣伝通りの商品が登場

 食べ物屋さんの写真は、時々実物と異なることがありますよね。断言できます。このハッピーレインボーラーメンは、写真のままでした。鮮やかすぎる七色の虹……確かに鮮やかだけど、おいしそうとは言いがたいものが出てきました。 印象は「本当に絵の具っぽい」 印象は「本当に絵の具っぽい」。細部をみても、しっかり色がチーズに練り込まれていることがわかります。 このチーズの下には、チャーシューがびっしり このチーズの下には、チャーシューがびっしり。 まずはカラフルなチーズから味見 卵にチャーシューにチーズと、こってりこってり系のトッピングです。まずはカラフルなチーズから味見してみると、いたって普通のチーズです。濃厚なカレー味噌スープとの相性も抜群。  ただし、目を閉じて食べれば……。 濃厚なスープがしっかりと絡んだ太麺もおいしい 濃厚なスープがしっかりと絡んだ太麺もおいしい。そう、おいしいんです。総合的に。最初はスープもおいしいなあ。濃い味だからビールも欲しいなあ。など、思う余裕もあります。 ピンクや黄色は、スープの色となじんでいました ピンクや黄色は、スープの色となじんでいました。だから、大事なことに気づかなかったのです。
次のページ 
色は食欲を左右する重要な要素だと知る
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ