Entertainment

ジャニーズWEST桐山照史がドラマ初主演、“食べて魅せる”熱演にあっぱれ

“食べて魅せる”熱演がすごい!

 人生の辛さを食の辛さになぞらえて、逃げながら生きるより挑んで生きるすがすがしさを教えてくれる。ヒリヒリした刺激に汗をかきながらも戦って、達成感と共にハーッと吐き出す満足の息。それは力強く伸びて「辛」を「幸」に変える一条の光となります。  辛さを制したあとには、幸せが来る。だから挑みがいがあるし、楽しくもある。このシンプルなメッセージを実に辛そうに、うまそうに“食って魅せて”くれた桐山さんの熱演に感服しました。  激辛料理に活力をもらった猿川は、くだんの酒屋と良好な関係を踏み出します。しかし、同僚が言うには、その案件の厳しさはたかだか“一辛”にすぎないそうで……。猿川の前に立ちはだかる“辛さ”は、おそらく物語が進むほど過激になるのでしょう。これをどう味わい、倒していくのか――? “食いドラ”の新星として爆輝必至な桐山さん。本能に訴えかけるその食べっぷりを、垂涎しつつ見守りたいと思います。  ちなみに、本ドラマの主題歌はジャニーズ WESTが歌う新曲「週刊うまくいく曜日」。明日へのパワーが満ちてくる栄養たっぷりの一曲で、こちらも聴き逃せないおいしさです。 <文/みきーる イラスト/二平瑞樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ