Job&Money

スマホ大手3社の月2000円台メニューか、格安スマホか。お得な選び方

大手3社の強みが明瞭に

スマホ 格安スマホや楽天モバイルと比べても、「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」の3プランは魅力的です。もし今年3月以降のプラン変更を考えているのなら、この3つのうちから選ぶのが現実的でしょう。  ただし「月間20GB」というデータ容量は、自宅にWi-Fi環境を整備していない人にとってはやや不足の感もあります。そういったケースでは、世帯構成にもよりますが、固定回線を新しく契約してしまうのも手です。いずれにせよ、ライフスタイルに合わせて賢く使いたいものです。  スマホはもはや、現代人の必需品です。あって当たり前のものであり、「贅沢品」ではないのです。会社員や主婦だけでなく、小中学生にも必要です。裕福でない世帯でも、その必要性はかわりません。  ですから、安くて速い回線が使えるようになるのは嬉しいことですし、社会全体にとってプラスです。  大手3社の格安プランが出揃ったことによって、総務省の長年の望みはようやく実現したと言えるでしょう。ただ、消費者としての率直な感想を言えば、「ずいぶん遠回りをしたな」というところです。 <文/ジャンヤー宇都>
ジャンヤー宇都
「平成時代の子ども文化」全般を愛するフリーライター。単著に『多摩あるある』と『オタサーの姫 〜オタク過密時代の植生学〜』(ともにTOブックス)ほか雑誌・MOOKなどに執筆。Twitter:@utojunya
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ