Lifestyle

「年上の頼れる男性と結婚したい」は過去の話。大きく変わった結婚観

婚活で苦戦する女性の共通点

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。 結婚 婚活市場を見ていると、婚活苦戦中の30~40代女性にはある共通点があります。それは、結婚に対して、自分に都合のいい結婚観だけをアップデートしている点です。  今と昔では結婚観や恋愛観が変わっています。「今の時代は男女平等だから、家事ができる男性じゃなきゃ」と考える一方、いまだに3高(高学歴・高収入・高身長)が良いという結婚観は変わらない女性が意外と多いのです。それって、都合のいいところだけアップデートしていませんか?  婚活を成功させるために変えるべき価値観は何か、夫婦はどう変わってきているのか、ニッセイ基礎研究所人口動態シニアリサーチャーの天野磬南子さんにインタビューしました。

年上の頼れる男性と結婚したい女性は減った

 まずは夫婦の年齢差についてです。 夫婦の平均年齢差「初婚同士の夫婦の場合、ここ5年以上、平均年齢差は1.7歳差に過ぎません。40~50代の男性芸能人が20~30代の女性と結婚したニュースもあり、若い女性と結婚できると考える男性が多いのですが、夫婦の年の差はどんどん縮小しています。  女性が年上の頼れる男性に憧れるイメージの結婚は過去の話で、今はほぼ同年代との結婚を希望する女性がほとんどです」(天野さん。以下同)  国立社会保障人口問題研究所の第15回出生動向基本調査によると、男女が結婚相手に希望する年齢差も大きく変化しています。  1987年は3~4歳年上を希望する女性が36.8%と一番多く、同い年の希望はわずか8.9%でした。一方2015年では、3~4歳上は20.6%と減少し、同い年希望が28.4%に増加。1~2歳上の希望は29.6%と年下~2歳上までの男性の希望が6割を占めています。  男性の場合でも、同い年の女性を希望する割合が8.7%から41.8%と約5倍に増えていることが分かります。 未婚女性が希望する結婚相手との年齢差 未婚男性が希望する結婚相手との年齢差 50代の男性芸能人が30代女性と結婚するニュースに希望を持つ男性もいるかもしれませんが、天野さん曰くそうしたカップルは500組に1組の割合で非常にまれな事例、「統計的にはほぼ起こらないと言い切れる」そうです。
次のページ 
専業主婦希望は婚活で地雷扱いされる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ