Entertainment

ゆきぽよ「知人が逮捕」でピンチ。昔の悪縁が切れなかった芸能人たち

 タレントの“ゆきぽよ”こと木村有希の自宅で、ゆきぽよと親しい男性が薬物使用の疑いで逮捕されていたことが、1月21日発売の『週刊文春』の報道で明らかになりました。
 知人男性は2019年、ゆきぽよ宅のキッチン前で泡を吹いて倒れており、ゆきぽよが119番通報、緊急搬送されたそうです。

ゆきぽよ 先輩の紹介のため関係を切れなかった

 ゆきぽよ自身も、「麻薬及び向精神薬取締法違反被疑事件」として家宅捜索され、尿検査も受けたとのこと。1月24日に出演した番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)では家宅捜索では不審なものは発見されず、尿検査も陰性だったことを表明しました。  逮捕された知人男性は、振り込め詐欺の指示役としても逮捕歴があり、ゆきぽよとは3~4年前から付き合いがあるとのこと。犯罪者との交友関係があることは、芸能人としてはマイナスのはず。それでも付き合いを続けていたのは、元々親しい地元の先輩の紹介で知り合っていたため「コイツと関われないから切るわ」と関係を断つとは言いづらかったと話しました。好意を持たれており、しつこく付きまとわれていたとも言い、“切るに切れなかった”関係だったようです。  この件とは別に、ゆきぽよはかねてから、「元カレの犯罪率8割」とテレビで公言していました。視聴者からは「売れっ子になったのなら交友関係を改めたほうがいい」などと心配されていましたが、今回、まさに昔からの交友関係がきっかけで、芸能活動に支障が出てしまいました。  そんなゆきぽよのように、過去の交友関係や、元ヤンとの悪ノリがきっかけで窮地におちいった芸能人は他にもいます。

木下優樹菜さん 元ヤン節が炸裂したDMで引退

 東京・葛飾区出身で「元ヤン」であることを公言しているユッキーナこと木下優樹菜さん。  2019年1月、ユッキーナの姉が、勤めていたタピオカ店と給与の振り込みなどを巡りトラブルを起こし、店側がユッキーナから送られてきたというDMを公開しました。 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言える」 「覚悟きめて認めなちゃい おばたん」 …とその内容が元ヤンキャラそのままで、脅迫めいていると、たちまち大炎上。その後、謝罪文を公開し芸能活動を自粛。  さらに夫の藤本敏史と離婚、2020年7月に活動再開を発表するも、わずか5日後に突然芸能界引退を宣言するなど、怒涛の展開に世間を驚かせました。  タピオカ店との“タピオカ裁判”はいまだ長引いている模様…。1~2年でまさかここまで事態が激化するとは、ユッキーナも想像していなかったでしょう。
次のページ 
ゴマキ弟に紳助さん
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ