Beauty

洗顔は泡作りが命。絶対にお肌をこすらない洗顔料の選び方

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。まだまだ乾燥する今の季節に見直したいのが、洗顔。お肌をしっとりさせるためには、化粧品を変えるのもありですが、洗顔を正しく行うのもやはりとても大事です。  今回は洗顔で気をつけたいポイントと、オススメ洗顔料をご紹介します。
※写真はイメージです

※写真はイメージです

摩擦は美容の最大NG しっかり泡を作ること

 洗顔でとにかく意識すべきなのは、泡でしょう。正確に言うと、大事なのは摩擦を起こさないことなのですが、摩擦を起こさない第一歩が、しっかりと泡を作ることなのです。  洗顔時にはどうしても落とすことに意識がいって、お肌をクルクルとこすってしまいがち。  けれど美容関係者は、なによりも摩擦を嫌いますので、手でお肌には触りません。お肌を劣化させる要素は、ご存知の紫外線と、もうひとつは摩擦なんですね。  そのため、過去にもお伝えしたとおり美容関係者は絶対に肌をこすったりしませんし、洗顔時にはこれでもかというくらい、しっかり泡を作ります。  とはいえ、一般の私たちにそこまで泡立てる技術はないですよね。あまり時間もかけられないですし……。そこでオススメしたいのが、泡立ちのいい洗顔料です。  泡立ちに時間をかけなくても勝手に泡立ってくれたら問題は解決。ということで、私が使って感動した商品をご紹介します。

ポーラのアペックスは泡立ち抜群

 ひとつ目はPOLAのブランド、APEX(アペックス)の洗顔料「ウォッシュ」(税込9,900円)です。アペックスは、肌診断をして自分に最適な化粧品を選べるのが特徴のブランド。
肌診断の結果で私に勧められた、アペックスの洗顔料です

肌診断の結果で私に勧められた、アペックスの洗顔料です

 この泡立ちがとても良いのです。手に取った段階で、かなりの濃密さを感じるのですが、ほんの少しの水を加えて手で少し溶かすだけで、あっという間に泡ができます。
手で少し泡立てただけでこのレベル

手で少し泡立てただけでこのレベル

 手に乗せたときの感触がしっとりと濃密なので、泡も繊細で細やか。しかも顔に乗せると美容液のような気持ちよさがあるんです。洗い流した後も、肌が突っ張るどころかしっとりが増していて、もっと洗いたいと思うレベル。  私は普段ならすぐに「ローションをつけなくちゃ」と思うのですが、アペックスに限ってはしばらく放置しても気になりません。それどころか、このあと何もつけなくても大丈夫なのでは? と思うほど洗顔だけで肌が整った感覚が得られます。  本当に肌がしっとりするのと泡が繊細で気持ちがいいので、洗顔を見直したい人にはお勧めしたいです。
次のページ 
粘度がすごい。タカミフェイスフォーム
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ