Lifestyle

中止でも決行でもつらい、コロナ下での結婚式。苦しむカップルたちの声

写真で思い出を残すカップルが増えるのでは

 密を避けることを考えれば、コロナ発生前と比べても少人数のウェディングや、写真や映像のみを残すフォトウェディングが増える傾向が、数年は続くと思われます。 フォトウエディング また、冒頭で触れたようにコロナ禍で結婚式を諦めて妊活を優先したカップルが、順調に活動を進めて無事に妊娠・出産を迎えた際は、「マタニティフォト」や「ニューボーンフォト」などを残したいと考えるケースも増えるのではないでしょうか。

「結婚式とは何か」が改めて問い直されている

 コロナがきっかけとなり、今まで考えもしなかった「結婚式の是非」が問われることにもなりました。エンターテインメント化され過ぎてしまった結婚式に対する認識が、様々な角度から見直されるようにもなりました。そもそも結婚式は“儀式”であるという原点に立ち返ったウェディング従事者も少なくありません。 結婚式 これまでの高額なウェディング費用ももちろん有意義なものではありましたが、カップルによって「結婚」に関わるお金の認識が大きく変わったということは紛れもない事実です。結婚式に憧れを持っている人も少なくない中、新型コロナウイルスがきっかけとなり、これまで以上に多様なスタイルのウェディングが増えていくことは間違いなさそうです。 参考 結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」 <文/長谷川真美>
長谷川真美
結婚式場専門コンサルタント、ウェディングプランナー養成塾「おまみ塾」を主催。ウェディングに携わって15年。5年間のプランナー業務を経て、式場コンサルタントに。株式会社OMエンタープライズ代表。プランナー時代の経験を書いたブログ、instagram:@om_enterprise.0222(OMエンタープライズ)
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ