Entertainment

“キテレツ美容”で有名な女優、整形を熱く支持「見た目がマシになったの」

 生きた蜂の針を体に刺す“アピセラピー”や“レモネードダイエット”など、珍しい美容法を積極的に試すことで知られるグウィネス・パルトロウ。その美意識の高さゆえ、48歳になった今でも若々しさを保っているが、ときに美容や健康についてキテレツな主張を繰り広げて、世間をざわつかせることも多い。そんなグウィネスがこのたび、エイジングケアについて語り、「女性は堂々と美容整形をすればいい」と持論を展開している。

「ボトックスは二度とイヤ!」と言っていたが…

グウィネス・パルトロウ

グウィネス・パルトロウ

 かつてはトップ女優として華々しい活躍をみせていたものの、いつからか美と健康について積極的に発信するインフルエンサーとして認知されるようになったグウィネス。  ハリウッド女優にしてはめずらしく、過去にはボトックスやレーザー治療などでエイジングケアをしていることもあっさり認めている。ただボトックスについては、以前試した際に「なんともクレイジーな顔になっちゃった」と明かし、もう二度とやりたくない! と公言。けれども最近は、知り合いの医師からすすめられた“ゼオミン”という注射をするようになったことも明かしている。  ゼオミンは、ボトックスと似た効果があり、目尻などのシワを柔らかく見せることができるのだそうだ。そのゼオミンの広告塔も務めるグウィネスは、このたび女性ファッション誌『ハーパーズ・バザー』に登場。女性たちが美容整形を恥と思う必要はないと力説している。 「ハリウッドで成功している多くの女性は、若い頃に力不足と扱われ、モチベーションを高めたの。どうにか自分の能力を証明しなきゃってね」 「注射をするのは、自分の弱みを認めるようなもの。そういったケアをすることが、まるで恥のように思われているわ」

ゼオミンを注入し「見た目がマシになった」

 そんな風潮に疑問を抱いているというグウィネスは、美容整形や注射のマイナスイメージをなくしたいと語る。 「女性たちが共有できればいいと思う。手術や注射、フィラーに関して恥ずかしいという気持ちがあるでしょ。自分のした選択に自信が持てれば素晴らしいこと。秘密にしておきたいならそれもOKだと思うけど。私はオープンで、自分に良かったものはシェアしたい。私は常にそうやって学んできたから」  昨年には、自身の顔にゼオミンを少量注入し、使用後の様子をSNSで公開したグウィネス。
 ゼオミンの注射により、見た目がマシになったと満足した様子で、「すごく気に入ったわ」とコメントしている。  自分の顔や体でどうしても気になるところがある場合、美容医療や美容整形で改善しようとするのは、何らおかしなことではないし、まして恥などではない。ただ、セレブのなかには美容整形などで、重大な副作用を経験した人がいるのも事実。たとえば、元スーパーモデルのヨランダ・ハディッドは「豊胸インプラント、フィラー、ボトックスなど色々した結果、その毒性で死にかけた」と告白している。  またカリスマモデルのカイリー・ジェンナーは、「ふっくら唇を手に入れるために、16歳から“リップフィラー”という美容注射を受けてきたが、もうやめることにした」とSNSで公表し、話題になった。フィラー注射をめぐっては、失明や壊死などの深刻なトラブルが相次ぎ、専門家も警鐘を鳴らしている。  ビオミンは、FDA(米国食品安全局)によって安全性が認められているそうだが、美容注射や整形の種類によっては、リスクが伴うものもあるのだ。

自己流コロナ対策で当局から警告

 これまで、自身が立ち上げたライフスタイルブランド「グープ」でトンデモ商品を販売し、「科学的な根拠がない」と告発されたこともあるグウィネス。  特に、膣の中に入れると「性的なエネルギーを高める」などと効能をうたった「ローズクオーツの卵」は大きな問題となった。これに対しグープは示談金を払って決着を図ったというが、米非営利消費者団体はグープの50以上の商品について「根拠がなく虚偽的な宣伝が見られる」と指摘、当局に調査を要請したとも伝えられた。  さらに最近では、自己流のコロナ対策をネット上で発信し、なんとイギリスのNHS(国民保健サービス)から警告を受ける事態に。実は新型コロナウイルスに感染していたというグウィネスは、断食や独自の食事療法を実践し、自社製品のハーブカクテルを飲み、赤外線サウナにたくさん入ることで、コロナの治療を行っていると発信していたのだ。
 けれども、これを問題視したNHSは「彼女が勧めている治療法は、私たちが推奨しているものとは異なる」と指摘。「感染症においては、科学的対処法を取ることが大切」としたうえで、「インフルエンサーたちには責任ある情報発信をしていただきたい」と警告した。 「自分にとって良かったものはシェアしたい」と語るグウィネス。その気持ちもわからなくもないけれど、NHSが言っている通り、影響力あるセレブとして、発言にはそろそろ気をつけたほうがいいと思うが……。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ