Entertainment

高畑充希の美文字に見る性格。意外と自己主張は控えめっぽい

『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)での名演が記憶に新しい、女優の高畑充希さん。先日、自身のInstagramにて主演ミュージカル『ウェイトレス』の直筆告知をし、その達筆ぶりが話題となりました。
高畑充希の筆跡を分析。美文字から見えるストイックさと協調性

高畑充希 2019年 カレンダー 卓上

 筆跡アナリストとしてその美文字を拝見したところ、いくつかの分かりやすい性格が見えてきました。

芸能人の筆跡分析ではおなじみの「モテ筆跡」

芸能人の筆跡分析ではおなじみの「モテ筆跡」

(写真:高畑充希公式Instagramより、以下同)

 はい、高畑さんの筆跡にも見つけました。芸能人の筆跡分析には常連の、人気者や容姿端麗な人が持つ「左払い長型」。しかも高畑さんの場合はかなり強めです。 「な」「幕」「全」「奮」「共有」「劇場」などを見ると、驚くほど左払いを長く書いています。 驚くほど左払いを長く書いています 天性の美しさや華やかさを携えた、なぜかいるだけで目立ってしまうというような人に見られる筆跡です。  モテ筆跡でもあり、芸能人らしい筆跡。やはり子役から活躍されている高畑さんだけに、その輝きは天性の才能のようです。

粘り強く最後までやり抜くストイックさ

 「電流」や「同」などの字を見ると、ハネをしっかり書いています。 粘り強く責任感の強いタイプ ハネを強く書く人は、粘り強く責任感の強いタイプ。あきらめずに果敢に取り組むパワーと根性がありますかなりストイックな性格 さらに「け」や「幸」などの字は縦線を下に長く伸ばしていて、結果にこだわる貪欲さも持ち合わせているよう。かなりストイックな性格とお見受けします。  何事も最後まであきらめず、自分が納得する結果が出せるまでとことんやりたい、という熱意を感じさせます……!
次のページ 
横棒が綺麗な等間隔で並んでいる
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ