Lifestyle

あなたの睡眠は間違っているかも「ホンマでっか!?TV」の専門家がチェック

 コロナ禍二度目の夏を迎えようとしています。これまでのライフスタイルから大きな変化が生じている今こそ、健康について改めて考えるよいタイミングではないでしょうか。 睡眠の質を高めるには? 運動や食生活など、ステイホーム下で生じる問題はさまざま。その中にあって、実はかなり多くの人たちの悩みのタネとなっているのが「睡眠の質」。  首都圏在住20~50代男女・882人にウーマンウェルネス研究会が調査を実施したところ、なんと約63%もの人が「コロナ禍で睡眠の質の低下を感じている」ことが判明しました。  そこで、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)などにも出演する睡眠専門家、医学博士・梶本修身先生が「正しい睡眠法」をレクチャー。良い睡眠を得るためのポイントを教えます!
梶本修身医師

梶本修身医師

「睡眠負債チェックリスト」で睡眠の質の低下をチェック

 梶本先生によると、睡眠時間の減少や質の低下で十分な睡眠が確保できず、慢性的な寝不足で疲れが蓄積した状態を「睡眠負債」というそうです。 「これを放置すると、自律神経失調症、高血圧や糖尿病など生活習慣病の発症リスクを高めるほか、免疫力の低下まで引き起こしてしまいます」 そこでまずは、本当に自分の睡眠に問題があるかどうかをチェック。なかなか気づきにくい「睡眠負債」の溜まり具合を、下のチェックリストで確認しましょう。 =============== □ベッドに入ると5分以内に眠れる □休日は2時間以上長く寝る □電車に乗ると直ぐにうたた寝する □起床4時間後にも眠気を感じる □いびきをかきやすい □びっしょりと寝汗をかく □就寝前は極力、水分を控えている □寝室の照明を点灯したまま寝る □就寝時、寝室のエアコンを消す □夜中に2度以上、起きてしまう ===============  チェックが4個以上当てはまる人は、「睡眠負債」である可能性が高いそう。すぐに生活習慣を改める必要があります。  さらに、8個以上当てはまるのであれば要注意を超えた危険領域。梶本先生も「ぜひ医師に相談するなど、すぐに適切な対策をとってください」と、警鐘を鳴らしています。 不眠、ベッド、布団、睡眠
次のページ 
睡眠専門家が提唱する正しい睡眠のポイントとは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ