Beauty

ヒールを履き続けると「おばあちゃん膝」に?! ストレッチで簡単ケア

 柔道整復師/パーソナルトレーナーのヒラガコージです。近ごろは機能性を重視してスニーカーを履く人が増えましたが、それでもビジネスでもカジュアルでもヒールの高い靴を履く人はたくさんいらますよね。 ヒールを履き続けると「おばあちゃん膝」に?! ストレッチで簡単ケア 実はヒールの高い靴は「おばあちゃん膝」を作り出してしまう原因になるのです。今回はそのメカニズムと予防/改善方法をご紹介します。

「おばあちゃん膝」ってなに?

 高齢者は重力に反して関節を伸ばす筋肉が弱り、足首と股関節が常にやや曲がった状態になり、これを打ち消すために膝もやや曲げた状態になります。これが「おばあちゃん膝」です。  ヒールの高い靴を履き続けると、足首の関節運動に強い制限が掛かるだけでなく、爪先に多くの重心が集まり股関節がやや曲がり気味の状態になりなす。そうなると必然的に膝が曲がった状態が通常化して、高齢者の膝の形と同じ現象がヒールの高い靴を履く人に起きてしまうわけです。

放置してると膝や腰が痛くなるかも

放置してると膝や腰が痛くなるかも

写真はイメージです

 「おばあちゃん膝」は姿勢が悪くなるだけではなく、関節各所にも強い負担をかけます。例えば、膝に十分な運動がなされないため同じ箇所に負担が集中して痛みを起こしてしまいます。その他にも足首と股関節の動きが不十分になれば骨盤や腰に負担をかけてしまうため、腰痛の原因にもなるのです。  「かかとが高くなる→足首/股関節が動かなくなる→膝が曲がった状態が続く」連鎖は年齢に関係なく、怪我の可能性を高め、脚のラインが不格好になってしまう原因になるのでなるべく避けたいものです。  だからといってヒールの高い靴を履くことを卒業したくない人もいるはず。そんな方に、ジムや自宅で手軽にできるケア方法をご紹介します。
次のページ 
膝をケアする簡単ストレッチ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ